体重計とスマホを連携!Androidで体重管理ができる3つの製品

できる限り毎日体重計に乗ることが、体の状態をチェックすることで健康維持やトレーニングに役立ちます。これまでは体重のデータは手書きや入力で管理しなくてはならなかったのですが、近年、Androidのスマートフォンと連動して管理ができる製品が販売されています。体重データがスマートフォンに送られてくるので、管理もしやすく通勤などの合間に見直すこともできます。タニタ・パナソニック・オムロンの3社からAndroidと連携できるオススメの製品を紹介します。

タニタ インナースキャンデュアル RD-903

タニタ 体組成計 インナースキャンデュアル RD-903-BK(ブラック) 世界初の筋質点数表示/最小表示50g/iPhone・Androidアプリで健康管理

¥ 19,386

スペック

●サイズ:幅328mm×高さ32mm×奥行359mm

●重量:2.1kg

●登録人数:最大4人

●測定項目:
体重/体脂肪率/内臓脂肪/筋肉量/基礎代謝量/体内年齢/体水分量/推定骨量/筋質点数

●アプリの価格:0円

●通信方法:Bluetooth version 4.0(Low Energy support)

特長

・世界初、筋肉の質を分析できる「筋質点数」が測定機能に追加

・乗るだけで電源がONになり、自動で過去データからユーザーを認識する

・iPhone、Androidスマートフォンと連携機能付き

・2つの周波数で体組成を測定するデュアル周波数測定

・体重は50g単位で測定

・測定結果の判定をバックライトの色でも判別できる

おすすめしたい方

タニタと聞くと、バランスの良い料理を提供しているタニタ食堂のイメージが最初に浮かぶ方もいますが、実はタニタは主に医療用・家庭用の測定機器を生産・販売している会社なのです。

BMIや体脂肪率などの計測だけではなく、筋肉量や水分量、世界初の筋質点数が測定できる製品なので、アスリートなどプロ仕様だと言っても過言ではありません。

しかしスマートフォンへのデータ転送が自動ではなく、毎回スマートフォンのアプリを起動してからデータ転送を行わなくてはならないので、手間に感じてしまうかもしれません。

本格的に体づくりやダイエットなどを行いたい方や、体のデータをしっかり取っておきたいという方におすすめしたいハイスペックな体重・体組成計です。

<< 次ページに続く >>
気になるカテゴリから人気記事をチェック!
[カメラ] [ガジェット] [キッチン] [スマホ] [パソコン] [映像・オーディオ] [生活家電] [美容・健康] [美容家電]