家庭でおいしくかき氷を味わいたい!素人からプロまで使えるかき氷機の選び方

  • LINEで送る
       

モーターの違いは味に影響する?

電動の話にはなりますが、速く力強ければ短時間で大量の氷が削れます。時間がかかれば溶けてしまう氷を扱うだけに時間も重要なポイントといえるでしょう。ただ、出力というよりは速さに重きを置くか力強さに重きを置くかのギアの設定によるので詳しくは販売業者に聞くのが一番です。また、削る時の騒音も家庭で使う場合には気になりますが、味には影響ありません。

家庭用ならば気になる持ち運びの問題。

業務用ならばともかく、かき氷機は家庭で常に使う物ではないので持ち運びの問題も考えないわけにはいきません。すなわち機械の「重さ」と「大きさ」、「形状」の問題です。ただ、重さは重ければ安定性が増しますし、大きさもどのくらいの大きさの氷が使えるかに関わってくるので簡単に選べる問題でもありません。実際の使用状況を考えてしっかり選んでください。

どんな氷が使えるか?

こちらも家庭用ならではの問題ですが、どんな氷が使えるかも機械選びのポイントになります。普段、冷蔵庫で作っている氷は「キューブ氷」と呼ばれるものです。対して業者などが使っている大きな氷は「ブロック氷」と呼ばれます。実は味に関してここが大きなポイントで、「ふわふわかき氷」を作るためには「ブロック氷」を使う必要があります。「キューブ氷」では安定して削れないのです。ただ、家庭でも「ブロック氷」を作れないわけではありません。かき氷機に合わせた器などで氷を作ることは可能です。その作り方にもコツはあるのですがまたの機会にしましょう。…

どんな氷を作れるか?

基本的にかき氷といえば氷を削って作るものですが、機械によっては氷を砕いた「クラッシュ氷」を作れるものもあります。「おいしいかき氷」を作るのとは別方向ではありますが、機械の設定を変えればどちらにも対応できるものがあるので汎用性を求めるならば選択肢のひとつにはなるでしょう。また、機械によってはフルーツを凍らせたものを削れるものもあるので、使い方を拡げることもできます。


気になるカテゴリから人気記事をチェック!
[カメラ] [ガジェット] [キッチン] [スマホ] [パソコン] [映像・オーディオ] [生活家電] [美容・健康] [美容家電]  
  • LINEで送る