本格石窯ピッツァが、電気でお洒落に焼ける! 電気石窯ピザオーブン&時短ピザレシピ

  • LINEで送る
       
チーズがとろーりと溶けた熱々の石窯で焼かれた本格イタリアンピッツア、想像するだけでもよだれが出そうになりますよね。 プロのイタリア人ピッツア職人が、空中でピッツアの生地を回して投げては伸し、その上に真っ赤なトマトソース、季節の野菜や魚介類、ジューシィなソーセージなど色とりどりでのせて、高温の石窯に放り込むこと数分……チーズがとろける熱々のピッツアを、ワクワクしながら頬張る幸せ、いいですよね。 ちなみにピザとピッツアの違いは、「ピッツア」はイタリアン風の薄くのばしたカリッとした生地のものをピッツア、「ピザ」はアメリカ風はふっくらもっちりした生地のものを指すのが一般的です。どちらも小麦の生地に具材、チーズをのせて焼くのは同じ。カリッとした生地のイタリアンピッツアも、ふっくらもっちりした生地のアメリカンピザも、どちらも捨てがたいですよね。 でも、お店に食べに行くのは手間が掛かる、最近の宅配ピザは美味しいけど高い! 自宅のトースターやオーブンでは、イマイチ美味しく焼けない、などのお悩みを解消出来る本格電気石焼きピザ釜があるのです。 今回はそんな電気で本格石窯ピザが焼けるピザオーブンをご紹介しましょう!

回転しながらピザを焼く!? フカイ工業 FPM-220・回転 石窯 ピザ&ロースター

今回はご紹介するのは、一見ピザ釜っぽく見えない、フカイ 回転石窯ロースターです。フタを閉じるタイプのロースターですが、実はこの形が石窯効果をもたらすのです。 ピザを載せて焼く下のプレートは、フカイが開発した特殊なプレートで、これがピザを高温で焼き上げる仕組みのなっています。しかもこのプレートはゆっくり回転しながら焼き上げるため、ピザの余計な水分や油を飛ばし、焼きムラができないように、表はこんがり、中はふっくらと焼き上げてくれるのです。上部のフタには覗き窓もあるため、焼き加減を見ながら調理することも可能。基本は電気なので、タイマーをかけて焼けるのを待つだけで美味しいピザが焼けるのです。


気になるカテゴリから人気記事をチェック!
[カメラ] [ガジェット] [キッチン] [スマホ] [パソコン] [映像・オーディオ] [生活家電] [美容・健康] [美容家電]