アナログ感がたまらない!インスタントカメラの魅力

  • LINEで送る
       
以前は「インスタントカメラ」と聞くと、“アナログ”、“使い捨て”、“安っぽい”というイメージを持つ人が多かったのではないでしょうか。 デジタルカメラの登場や、カメラ機能付き携帯電話やスマートフォンの普及で、インスタントカメラなどアナログ式カメラの存在感は急激に薄くなりました。 そのような中、意外にも若い世代にインスタントカメラが人気を集めています。

なぜ今“インスタントカメラ”が若者に人気なのか

最近は、わざわざカメラを持ち歩かなくても、携帯電話やスマートフォン内蔵のカメラで手軽に写真撮影ができるようになりました。こうして撮影したデジタル画像は、Instagram(インスタグラム)、Facebook(フェイスブック)などのSNSにアップするときも、とても便利です。 アナログ式カメラで撮影した写真は、プリントしない限り、どんな風に写っているかを確認することができません。また、撮影した画像はフィルム内に収められ、処分しない限りは、ずっと残るものです。 一方、デジタル画像はその場ですぐに確認できる上、不要な写真は即抹消できてしまいます。“手軽”、“簡単”、“合理的”というのが、デジタルの大きな特徴でしょう。 それなのに、なぜ今、若い世代に“インスタントカメラ”が人気なのでしょうか? インスタントカメラは、撮影した写真をすぐにその場でプリントすることができます。画像をパソコンやスマートフォンにデジタルファイルとして保存し、ほとんどプリントすることがなくなった今、プリント写真は逆に新鮮。また、どんな写り方をしているのか、プリントするまでわからないというワクワク感がたまりません。 そういったアナログ感がたまらず、楽しい! といったことが若い世代に受けているのかもしれませんね。


気になるカテゴリから人気記事をチェック!
[カメラ] [ガジェット] [キッチン] [スマホ] [パソコン] [映像・オーディオ] [生活家電] [美容・健康] [美容家電]  
  • LINEで送る