アナログ感がたまらない!インスタントカメラの魅力

  • LINEで送る

以前は「インスタントカメラ」と聞くと、“アナログ”、“使い捨て”、“安っぽい”というイメージを持つ人が多かったのではないでしょうか。

デジタルカメラの登場や、カメラ機能付き携帯電話やスマートフォンの普及で、インスタントカメラなどアナログ式カメラの存在感は急激に薄くなりました。

そのような中、意外にも若い世代にインスタントカメラが人気を集めています。

なぜ今“インスタントカメラ”が若者に人気なのか

最近は、わざわざカメラを持ち歩かなくても、携帯電話やスマートフォン内蔵のカメラで手軽に写真撮影ができるようになりました。こうして撮影したデジタル画像は、Instagram(インスタグラム)、Facebook(フェイスブック)などのSNSにアップするときも、とても便利です。

アナログ式カメラで撮影した写真は、プリントしない限り、どんな風に写っているかを確認することができません。また、撮影した画像はフィルム内に収められ、処分しない限りは、ずっと残るものです。

一方、デジタル画像はその場ですぐに確認できる上、不要な写真は即抹消できてしまいます。“手軽”、“簡単”、“合理的”というのが、デジタルの大きな特徴でしょう。

それなのに、なぜ今、若い世代に“インスタントカメラ”が人気なのでしょうか?

インスタントカメラは、撮影した写真をすぐにその場でプリントすることができます。画像をパソコンやスマートフォンにデジタルファイルとして保存し、ほとんどプリントすることがなくなった今、プリント写真は逆に新鮮。また、どんな写り方をしているのか、プリントするまでわからないというワクワク感がたまりません。

そういったアナログ感がたまらず、楽しい! といったことが若い世代に受けているのかもしれませんね。

また、デジタル画像をシェアするときは、データのやり取りをしなければなりませんが、インスタントカメラは、プリント写真を「はい、どうぞ!」と言って、すぐに渡すことができます。

インスタントカメラが1台あれば、ウェディングパーティーなどのイベントも盛り上がりますね。

ライカ初の“インスタントカメラ”が登場

世界中の多く人が憧れ、プロカメラマンも愛用する高級ブランド“ライカ”がインスタントカメラを発売したことをご存知でしょうか?

その名も「ライカ ゾフォート」。ライカ初となるインスタントカメラです。

商品名である「ゾフォート(SOFORT)」は、ドイツ語で、“すぐに”、“瞬く間に”、といった意味があります。撮影してすぐにプリントできる、まさにインスタントカメラにピッタリのネーミングですね。

オレンジ、ミント、ホワイト、ポップな3色のカラーバリエーションが展開され、見た目もとてもオシャレ。サイズもコンパクトで、全体的に非常に“スタイリッシュ”なデザインです。

あのライカを3万円台で購入することが可能で、プレゼントにも喜ばれるということもあり、人気を集めています。

“ライカ ゾフォート”の特徴

“ライカ ゾフォート”には、次のような機能があります。

セルフィー(自撮り)にも対応

カメラボディの前面に長方形のミラーが付いているので、セルフィーにとても便利です。セルフタイマー機能も付いているので、セルフポートレート撮影もラクにできます。

バラエティ豊かな撮影モードが楽しめる

“ライカ ゾフォート”の撮影モードは、セルフィーに加えて、自動モード、パーティー、スポーツ、マクロ(接写)、二重露光、バルブ撮影などといったような多彩なモードが用意されています。
自動モードでは、自然な雰囲気がカメラに収められるように、自然光を活用し、内蔵フラッシュは極力作動させないといった工夫もあります。

チェキ用のフィルムも使える

“ライカ ゾフォート”の純正フィルムとして、「カラーフィルム」と「モノクロフィルム」が発売されています。撮影するものにより使い分けると、写真の雰囲気もグッと変わって、楽しみ方が増えますよね。純正フィルムのほか、富士フィルムのインスタントカメラ“チェキ”用のフィルムを使うこともできるので便利です。

操作がわかりやすい

カメラ本体に日本語表記はありませんが、ピクトグラム表示により、操作方法が感覚でわかります。ワールドワイドに人気のあるライカならではの工夫が感じられます。

手書きメッセージが添えられる

フィルムの余白に、手書きのメッセージを添えたり、メモを残したりすることができます。画像の上に重ねて書かなくてもよいというところが魅力です。

まとめ

“ライカ ゾフォート”のほか、インスタントカメラには、“チェキ”の愛称で親しまれている、富士フィルムの「Instax(インスタックス)」や、個性派の「Lomo’Instant(ロモ インスタント)」などのシリーズがあります。

どのメーカーのインスタントカメラもユニークでデザイン性が高く、ファッションアイテムとして持つのもオシャレです。昔の“安っぽい”といったイメージはまったくありません。

また、インスタントカメラで撮影したアナログ感たっぷりの写真は、デジタル写真にはない味わいがあり、アート作品のような趣も感じられます。

“人とは違う写真を撮影してみたい!”という人は、手軽なインスタントカメラにチャレンジしてみてはいかがでしょうか。



気になるカテゴリから人気記事をチェック!
[カメラ] [ガジェット] [キッチン] [スマホ] [パソコン] [映像・オーディオ] [生活家電] [美容・健康] [美容家電]  
  • LINEで送る