ドローンビジネスで食べていく。これから来るドローンの波に備えよう

  • LINEで送る
       
あなたは、ドローンについてどれほどご存知ですか?日本ではさまざまな規制もあり、そこまでまだ普及しておらず、空撮を行える無人飛行機くらいの認識の方も多いのが現実です。 しかし、ドローンには多くの可能性が秘められています。2兆円規模とも言われるドローンを活用したビジネスについて構想するのも面白いですよね。 この記事では、ドローンを使ってどんなことができるか、その可能性を探ります。

ドローンを使った新ビジネス

ドローンの市場は確実に拡大しており、2020年には世界市場規模が2兆円を超えると考えられています。現在の段階ですでに1兆円規模のビジネスなので、この数字は別段驚くにはあたりません。 将来的に多くの分野で14万人のドローン操縦士が必要であると考えられており、今ドローンを操作できるようになっておく価値は十分にあるのです。

日本におけるドローンビジネスの今

日本にはすでにドローンを専門に研究する企業が存在しており、3次元空間で自立飛行させるための取り組みがなされています。ドローンを3次元で制御することには複雑なアルゴリズムが関係しており、入念な研究と試行錯誤が必要です。

ドローンで利益を上げるビジネスモデル

ドローン操縦士が必要とされているとはいえ、ドローンを操縦できるだけでお金が儲かるような話はそう多くありません。というのも、一般的な空撮レベルのドローン操縦であれば、初心者でもできてしまうからです。 ドローンで稼げるようなビジネスモデルを造りたいなら、クリエイティブな思考が必要です。以下に例を5つ挙げますので、そこからインスパイアしていきましょう。


気になるカテゴリから人気記事をチェック!
[カメラ] [ガジェット] [キッチン] [スマホ] [パソコン] [映像・オーディオ] [生活家電] [美容・健康] [美容家電]