高所作業のコストを削減!ビルの窓拭きなどにも使えるロボット

  • LINEで送る
       

【特徴②】4段階の拭き取りサイクル

マイクロファイバーを使用したクリーニングパッドが用いられており、ガラス表面の細かな汚れも拭き取ることができます。また、ワイパー部分で窓拭きの仕上げを行うことにより、合計4段階にわたって窓をキレイにします。

【特徴③】スマートドライブシステム

WINBOT950は独自のスマートドライブシステムを採用しており、効率的に窓拭きができるようになっています。同じところ何回も拭き取ることがないため、短時間でお掃除が完了します。

比較表

品名 メーカー 本体サイズ 電力(W) 本体重量 価格 特徴 WINDY サンコー 幅240×奥行き240×高さ100(mm) 80 1200g 約30,000円 コンパクトタイプ WINBOT950 ECOVACS ROBOTICS 273×273×123 75 2400g 約70,000円 62dBの静かさ

最後に

窓拭きをパーフェクトにおまかせできる窓拭きロボット。脚立を使って窓の上部を拭いたり、窓の外側を拭くのは危険ですから、一人暮らしの高齢者などにもオススメです。 また、オフィスビルの窓など、高所作業が必要になる場所であれば、窓拭きロボットが活躍します。高所作業者を雇うことを考えれば、相当なコストダウンになるのではないでしょうか?窓拭きが大変だと思われたなら、窓拭きロボットを考慮に入れてみてください!


気になるカテゴリから人気記事をチェック!
[カメラ] [ガジェット] [キッチン] [スマホ] [パソコン] [映像・オーディオ] [生活家電] [美容・健康] [美容家電]  
  • LINEで送る