簡易NASってなに?ルーターの設定をするだけで手軽に構築できる!

Wi-Fiルーターの上位機種に「簡易NAS機能」が設定されていることをご存知でしょうか。NASを構築するのは敷居が高いと感じていたり、そこまでのネットワーク構築を家庭では必要ないという場合でも、簡易NASであればチャレンジしてみるのがよいでしょう。ファイルの共有や外出時にスマートフォンやタブレットから自宅のデータにアクセスすることができるようになります。本記事では、NASを利用したネットワーク構築と簡易NASの違いについてお伝えいたします。

NASと簡易NASの違いは

出典:buffalo.jp

NASは専用機を用いて、複数のパソコンでファイル共有をおこなったり、大量ファイルを保存することができます。転送速度が高速なのでストレスフリーでファイルのやりとりをおこなえるでしょう。

専用機はHDDを搭載しており大容量データの保存が可能で、高速CPUを搭載している機種が多くファイルへのアクセス速度も高速となっています。

少人数の家庭などでファイルを共有するネットワークを設ける場合は、Wi-Fiルーターに備わっている「簡易NAS機能」を利用する選択肢もあります。機能やファイルの転送速度はNAS専用機には及びませんが、ファイル共有だけならば性能面で問題はありません。

ポータブルサーバーも簡易NASに

なお、複数のデバイスを持ち歩いて外出先でも常にデータを共有したいという場合は、ポータブルサーバーをチョイスしても良いでしょう。

デジカメで撮った画像データなどを入れたSDカードやUSBメモリーに保存して、Wi-Fi経由で接続されているスマートフォンやタブレットで利用することができます。

出典:pc.nikkeibp.co.jp




気になるカテゴリから人気記事をチェック!
[カメラ] [ガジェット] [キッチン] [スマホ] [パソコン] [映像・オーディオ] [生活家電] [美容・健康] [美容家電]