ロティサリーチキンをお家で作れるパナソニックの最新家電を御紹介

  • LINEで送る
       
減煙機構もついており、強制排気ファンで集めた煙を触媒フィルター、触媒専用ヒーターに通すことにより、室内にほとんど煙を出さない構造です。 庫内にはセルフクリーニングコートや汚れをふき取りやすくする塗装も施されており、お掃除も簡単にできます。

スモーク(薫製)

薫製はキャンプやバーベキューの時にじっくり時間をかけてスモークする。そんなイメージがありますが、この製品ならお家の中で作ることができます。今までも同じPanasonicから「けむらん亭 ブラウン NF-RT1000-」という製品が出ており、その製品でも薫製を作ることはできたのですが、庫内の高さ5.2cmと低いうえに、専用の薫製容器にスモークチップを入れその上に薫製網をひいて、食材をのせるというものだったので、大きなものを作ることはできませんでした。しかしこの製品は庫内が11.2㎝と倍以上になり、大きな食材も入るようになりました。温度も低温と高温とあり、食材に合わせて選ぶことができます。

スモーク材のこと

ここで少しスモーク材のことをお話しします。スモーク材には2種類あります。この製品に使うのはスモークチップと呼ばれるもので、乾燥させた木を砕き、チップ状態にしたものです。スモークチップは直接火をつけることはせず、チップの下に用意した熱源で炙り、煙を出すものです。短時間でスモークできるのもの特徴です。 もう1つは、スモークウッドと呼ばれる、木を粉状態にし、棒状に固めたものです。こちらの方は、直接火をつけるとジワジワと燃えていき、ゆっくりとスモークしていきます。 サクラ、リンゴ、ナラなどさまざまな種類の木のスモーク材が販売されており、スモーク材が違うともとは同じ食材でも仕上がりの味が変わります。あれこれ試して、お好みのスモーク材を探すのも良いですね


気になるカテゴリから人気記事をチェック!
[カメラ] [ガジェット] [キッチン] [スマホ] [パソコン] [映像・オーディオ] [生活家電] [美容・健康] [美容家電]