精米したてのお米の美味しさをご自宅で!家庭用精米機3機種

  • LINEで送る

夏の陽が短くなり、少しずつ秋の気配が感じられるようになってきましたね。秋といえば実りの秋、しいていえば新米の季節でもあります。新米で炊くご飯は美味しいですが、せっかくなら新米の玄米を手に入れて、ご自宅で精米したてのお米でご飯を炊いてみてはいかがですか? 精米したてのお米で炊いたご飯を美味しさを味わうため、今回はオススメの家庭用精米器3機種をご紹介します。

 

どうして精米したてのお米が美味しいの?

まずは、どうして精米したてのお米が美味しいのかをお話ししましょう。お米は稲から採れる生鮮食品です。籾殻に包まれていることで長期保存が可能となっていますが、その年とれた新米は、一年の中で一番新鮮なお米なので、収穫期に採れたお米が最高に美味しい時期というワケです。ですが、お米は主食として一年中食卓に上りますが、新米の時期でなくても精米したてのお米は美味しいのです。なぜならば、お米は精米してしまうとそこから鮮度が落ち始めてしまいますが、玄米のまま適切な保存方法で保管しておけば、お米の鮮度が保たれるのです。その玄米を精米することで、鮮度の良い美味しいお米になるのです。玄米を入手して、冷蔵庫の野菜室で適切に保存しておけば、あとは精米して炊くだけで、毎日美味しいご飯を食卓に並べることができますよ。

では、さっそくオススメの家庭用精米器3機種をご紹介しましょう!

 

主要31銘柄に合わせた精米法!アイリスオーヤマ 精米機 銘柄純白づき

まずご紹介するのは、良質な家庭用家電製品を販売している、アイリスオーヤマ 精米機 銘柄純白づき RCI-A5-Bです。こちらの特徴としまして、主要31銘柄に合わせた精米法で玄米を精米できるという、繊細かつ本格的な精米方法が実現できたことです。お米にはコシヒカリ、あきたこまち、ササニシキ、ひとめぼれ、など、様々な品種がありますが、その品種によって精米法を変えるというのはなかなかできることではありません。特許出願中のディンプルメッシュという精米用のカゴに玄米を入れ、本体にセットしてスイッチを入れると、通常精米で5分ほどでお米は撹拌されて精米されていきます。その際、ディンプルメッシュの内側の突起がお米を磨き、米肌を白く美味しく精米していくのです。使用後は内部のディンプルメッシュも取り外して水洗いできるので、清潔に保つことができます。最大精米量は5合、精米方法は通常精米コース、無洗米コース、胚芽を残す、胚芽米コース、3ぶつき、5ぶつきなどお好みの7ぶつきで精米するぶつきコースとバラエティに富む精米コースが選択できます。お値段も7,000円ほどとお手頃価格なので、家庭用にはちょうど良い機能とお値段だと思います。

 

※アイリスオーヤマ 精米機 銘柄純白づき RCI-A5-B

商品サイズ(cm):幅約21.2×奥行約28.7×高さ約22.3

重量:約3.4kg

↓ 次ページに続く ↓



気になるカテゴリから人気記事をチェック!
[カメラ] [ガジェット] [キッチン] [スマホ] [パソコン] [映像・オーディオ] [生活家電] [美容・健康] [美容家電]  
  • LINEで送る