どうやって、片付ければいい?古くなったパソコンの処分の仕方と注意点

  • LINEで送る

パソコンも機械である以上、耐用年数というものがあります。いつまでも使い続けるわけにもいかないので、やがて古くなったパソコンは処分を考えなければならなくなる時もあるでしょう。また引っ越しなどで処分をする時もあります。そういった時に、古いパソコンをどう処理するべきかを見ていきましょう。

小型家電リサイクル法とは?

これまでは家電リサイクル法というものがあり、テレビ・エアコン・冷蔵庫・洗濯機の4品目でリサイクルが進められていました。これに続く形で2013年4月から始まったのが「小型家電リサイクル法」であり、パソコンや携帯電話、デジカメ・ゲーム機・時計・炊飯器・電子レンジ・ドライヤー・扇風機など、これまで法律の対象としてこなかったほぼすべての家電のリサイクルを進めていくためにできた法律です。したがって、古くなったパソコンもこの法律に従って基本的には処分していきます。
以前は粗大ゴミとして処分をすればよかったのですが、今ではパソコンメーカーが回収し、リサイクルをしなければならなくなりました。自治体のゴミ処理センターでは、パソコンの処分は行っていないので注意が必要です。

PCリサイクルマークをチェックしてみる

古くなったパソコンを処分する時には、各メーカーに問い合わせるか3R推進協会に廃棄申請をします。廃棄にはリサイクル料金が必要となりますが、パソコンを購入した時にすでにリサイクル料が含まれているパソコンは回収費用を支払う必要はありません。パソコンの裏側に「PCリサイクルマーク」の記載がある製品は、購入代金の中にリサイクル料が含まれているのです。
一口にパソコンといっても大まかに4種類に分かれます。デスクトップパソコン・ノートパソコン・ディスプレイ・ディスプレイ一体型パソコンです。パソコンに標準で付属するマウスやキーボード、スピーカー、ケーブル類なども一緒に回収をしてもらうことができます。ただ、別売りのマウスなどの周辺機器はリサイクル回収の対象外となるため、自治体の規定に沿って処分をする必要があります。また各メーカーごとにホームページに廃棄・処分方法が載っているので参考にしてみましょう。

回収業者に引き取ってもらう方法

インターネットやタウンページなどで調べると、パソコンを無料で回収している業者を見つけることができます。どうして無料なのかというと、こういった業者はパソコンに使われている金属部品や集積回路に使われているレアメタルを回収することで利益を上げているため、無料で引き取ってくれるのです。パソコンを持ち込めば無料で処分をしてくれますし、近くにそういった業者がなくても送料を負担することで、多くの業者がパソコンを引き取ってくれます。
気をつけておきたい点は、町内をグルグルと巡回している廃品回収業者です。無料で回収すると謳っておきながら、実際には高額の処分料を請求されてしまうケースもあるようです。そういった被害に遭ってしまう前に、一度国民生活センターや消費者庁のホームページを覗いてみるといいかもしれません。

中古品として買い取ってもらう方法

リサイクル品として処分する他に、まだ稼働しているパソコンであれば、友人・知人に譲るといった方法もあります。またリサイクルショップやインターネット・オークションなどで販売をすれば、処分費用もかからずに利益も出て良い方法です。ただ、かなり使い込んでしまったパソコンは、なかなか買い手や引き取り手が現れないことも踏まえておきましょう。

↓ 次ページに続く ↓



気になるカテゴリから人気記事をチェック!
[カメラ] [ガジェット] [キッチン] [スマホ] [パソコン] [映像・オーディオ] [生活家電] [美容・健康] [美容家電]  
  • LINEで送る