実はあまり知らない分電盤について判りやすく解説します

  • LINEで送る
       
普段からよく使っておりその存在は知っているのに、実はよく理解できないということは時折ありますが、そんな「実はよく理解できてない」ものの中に、分電盤がありませんか? 今更、誰かに聞くのもちょっと恥ずかしいけど、ちゃんと知っておきたい。そんな方に向けて、分電盤・ブレーカーのことをお話しします。

分電盤とは?

分電盤と聞いて、どれのことだとわかる方は意外に少ないかもしれません。かく言う筆者も電気関連機器とはわかっていても、理解してなかった一人です。 一般的にブレーカーと呼ばれているものは、本来は分電盤と呼ばれるものです。一軒家でしたらお台所、マンションやアパートなどの集合住宅なら玄関あたりにあることが多いです。分電盤のなかに、アンペアブレーカーと漏電遮断器(漏電ブレーカー)と配線用遮断器(安全ブレーカー)があります。次にそれぞれを詳しくお話しします。

アンペアブレーカーとは?

アンペアブレーカーというのは東京電力の呼び方です。電力会社が変わると呼び方が変わり、北海道電力では契約用安全ブレーカー、中部電力ではサービスブレーカー、九州電力ではリミッター(電流制限器)などと呼ばれています。


気になるカテゴリから人気記事をチェック!
[カメラ] [ガジェット] [キッチン] [スマホ] [パソコン] [映像・オーディオ] [生活家電] [美容・健康] [美容家電]  
  • LINEで送る