ハングアップ(突然の再起動)が起こった時の対処法

  • LINEで送る
       

一度、復元が始まると中断ができない

気をつけておきたいポイントは、いったんシステムの復元が始まってしまうと中断ができないということです。ただ、システム復元を実行した時点でそこも「復元ポイント」が作成されるので、元に戻すことは可能です。元の状態に戻したい場合には、「取り消し」という項目を選択して次に進んでみてください。

すべてのデバイスをいったん外してみる

デバイスが原因でハングアップが起こっていることも考えられるので、いったすべてのデバイスを取り外してみましょう。操作に必要なキーボード・マウス・モニタの接続だけを残して、他のものは外してみてください。すべてのものを取り外したら、「Ctrl+Alt+Delete」のキーを同時に押して画面に何か変化がないかを確認しましょう。画面に変化があった場合には再起動を試みてください。画面に何も変化がなければ、電源ボタンをいったん切りましょう。

通気孔をチェックしてみる

通気孔がホコリなどでふさがってしまうと、通気が阻害されてしまってプロセッサーが過熱してしまうことがあります。そうなるとパソコンのパフォーマンスに影響が出てしまうのです。過熱を回避するために、プロセッサーの動きが鈍くなってしまって、これがハングアップとして認識されてしまうこともあるのです。 具体的な対処法としては、まずは通気孔を確認してみましょう。外からでも確認できるほど溜まっているなら、いったんすべての電源を切って、電源コンセントも外してから作業を行うようにしてみましょう。目につくホコリを割りばしや綿棒などで除去してから、パソコンの内部を開いて掃除を行います。エアダスタ―を使用して、通気孔からホコリを吹き飛ばしましょう。気をつけておきたいポイントは、ホコリを吹き飛ばすために息を吹きかけてしまわないことです。息に含まれる水分によって、コンピュータ内部に損傷を与えてしまう可能性があることは意識しておきましょう。


気になるカテゴリから人気記事をチェック!
[カメラ] [ガジェット] [キッチン] [スマホ] [パソコン] [映像・オーディオ] [生活家電] [美容・健康] [美容家電]  
  • LINEで送る