ハングアップ(突然の再起動)が起こった時の対処法

  • LINEで送る
       
パソコンの再起動は通常なら、手動で操作をしなければ起こらないものですが、突然再起動が起こってしまうことがあります。これをハングアップといいますが、新しいアプリケーションをインストールしたり、周辺機器を接続したりすることで起こるのです。画面が真っ青になったり、フリーズしたりと症状はさまざまですが、原因としてはパソコンが不安定な状態にあるということでしょう。Windowsの場合であれば「システム復元機能」が有効な解決手段となります。具体的な使い方と注意点について見ていきましょう。

システム復元機能とは

システム復元機能とはWindowsに搭載されている機能であり、デフォルトの設定では週に1度の頻度で復元ポイントと呼ばれるロールバックポイントを作成するものです。またOSのアップデートが行われたり、デバイスドライバーの更新やソフトウェアの更新時などにも行われるものです。パソコンにとって重要なシステムの変更があったときに復元ポイントが作成されると考えればいいでしょう。 復元ポイントがあることによって、パソコンにトラブルがあった時の解決手段となります。ただ、復元ポイントに含まれる範囲はシステムに関わる部分だけであり、写真などの画像や作成したファイルデータなどはその範囲に含まれていません。つまりWindowsのシステムに関する機能を取り戻すためのものなのです。

システム復元の具体的なやり方

システムの復元はスタート画面からシステムツールを探して、「システムの復元」を選択します。画面の指示にしたがって次に進んでいくと、復元ポイントの一覧が表示されます。表示されている日付や説明、種類からどの時点でパソコンに不具合が生じたのかを推測します。復元したいポイントが見つかったら、「影響を受けるプログラムの検出」をクリックして、復元後に再度インストールしなおすプログラムを確認しておいてください。システムの復元に伴って消されてしまうプログラムやドライバなどをメモしたら、復元ポイントを確認して実行しましょう。


気になるカテゴリから人気記事をチェック!
[カメラ] [ガジェット] [キッチン] [スマホ] [パソコン] [映像・オーディオ] [生活家電] [美容・健康] [美容家電]  
  • LINEで送る