多くの家電製品が故障する?分電盤トラブルの注意

  • LINEで送る
       

古い家屋ほど危険

実は、最近の分電盤にはトラブルの原因となる中性線欠相への対策が施された装置が設置されるようになっています。ただ、これは95年以降の規定で設置が定められたからで、それ以前に取り付けられた分電盤には、保護機能の付いていないものも残っている状態です。だからこそ、定期調査をきちんと受けるべきですし、その時に「中性線欠相保護機能がついているか」と尋ねてみるべきです。もし保護機能が付いていない場合も、業者に頼めば、きちんと保護機能の付いたものに交換してもらうことも可能ですから、一度相談してみるのもよいでしょう。トラベルを避ける上で、予防策を講じておくことは何よりも大切ですから、忘れないようにしてくださいね。


気になるカテゴリから人気記事をチェック!
[カメラ] [ガジェット] [キッチン] [スマホ] [パソコン] [映像・オーディオ] [生活家電] [美容・健康] [美容家電]  
  • LINEで送る