多くの家電製品が故障する?分電盤トラブルの注意

  • LINEで送る
       

分電盤トラブルによる修理は保証の範囲外

多くの人が知らないことですが、分電盤というのは家の所有者のものとされています。そのため、分電盤の中で起こる問題について、保証をしてくれる人や企業は存在しません。分電盤のトラブルによって、家電が故障してしまった場合、それは本人の自己負担となります。家電自体の不具合ではないため、メーカーは取り合ってくれませんし、電力会社も 「管理範囲外です」として、保証は断られてしまいます。

実は4年に一回の定期健診がある

分電盤はとても複雑な装置ですから、自分でいじるのはとても危険です。仮に見ることができたとしても、何が問題で何が大丈夫なのか…専門知識でもなければわかりません。ですが、電力会社による定期調査が、電気事業法という法律で義務付けられています。ここでお願いすれば、分電盤だけではなく、屋外の電気設備の点検もしてもらえるのです。ところが、こうした事実を知らない人はとても多く、定期調査があっても立ち合いなどを行わない人も少なくありません。これは事故を未然に防ぐためのチャンスを見逃しているようなものです。家電も財産ですから、きちんと自分で守る意識を持つことが大切になります。ちなみに、定期調査は無料で行われるものですから、料金を請求されることはありません。もし、支払いを求められたなら、それは何らかの不法行為ですから、請求には応じないようにしましょう。

点検で問題を指摘された場合はすぐに修理する

定期調査を受け、きちんと立ち合いもして、そこで「問題が見つかりました」となったとします。ですが、それはあくまで報告です。電力会社に義務付けられているのは点検することだけですから、修理まではしてくれません。あくまで、分電盤は家の所有者のものですから、問題があれば自分で修理するしかないわけです。もちろん、それにはお金がかかるでしょう。そこで「もったいないから放っておこう」などと考えてはいけません。分電盤の故障による過電圧により、家の中の家電がほとんど故障し、数十万という損害を受けた事例もあるのです。また、過電圧による家電の故障は発火などの危険もあります。そうした事故を避けるために必要な出費だと考えて、なるべく早く業者に修理をお願いすることをおすすめします。


気になるカテゴリから人気記事をチェック!
[カメラ] [ガジェット] [キッチン] [スマホ] [パソコン] [映像・オーディオ] [生活家電] [美容・健康] [美容家電]  
  • LINEで送る