音声をクリアに録音できる超おすすめのビデオレコーダーが決定

  • LINEで送る
       
自分が演奏する音楽を録音したい人。 動画配信用で声を別撮りしたい人。 仲間内でわいわい楽しみながら思い出として音を録音したい人。 用途は人それぞれですが、音を録音する時に出来るだけクリアで雑音のないキレイな状態で録音したいと感じる時はありませんか。 音声レコーダーは巷で数多く販売されていてものの数百円程度で変えてしまう激安ものやスマートフォン標準搭載のアプリなどたくさんあります。 しかしそれらは価格と引き換えに音質は低く、意図してない雑音が入っていたり音がこもっていたり使える代物とは程遠いこともしばしば。 スマートフォンのアプリも進化を続けていますが、音質を求める人にとっては安っぽい満足できない音です。 そこで今回は高音質を求める人にぜひとも知ってほしい音声レコーダー、いや正確にいうとビデオレコーダーなのですが、とにかくキレイな音を残したい人におすすめしたい一品をご紹介します。

SONY HDR-MV1

そのレコーダーとはSONYから発売されている『HDR MV-1』といいうミュージックビデオレコーダーです。 非圧縮のリニアPCMによる高音質録音に加え、広角120度でのフルHD動画撮影が可能なビデオレコーダーなのですが、注目すべきはその発売日。 実はこのビデオレコーダーは2013年11月にSONYから販売開始になったちょっと昔のレコーダーです。 ところがこれを使って録画した動画の音声があまりにもキレイということで高評価レビューがどんどん集まって口コミで話題になり、音を取り扱う方面から注目を浴び、販売開始当時は定価約30,000円で売り出されたものが2017年現在においても中古価格はほとんど下がらず、日本で一番利用者が多いヤフーオークションでさえも23,000円前後の高値で取引されています。 もともとはちゃんとしたビデオレコーダーなので動画撮影ももちろん可能です。 しかし現在のレコーダーやカメラに標準搭載されているチルト液晶(モニター角度を変えられる液晶)やバリアングル液晶(角度を自由に変えられる液晶画面で上下左右に動かすことができる)に非対応のため自撮りに向かず、タッチパネルでもなく、4K撮影も非対応のためやや時代遅れ感は否めません。 しかし優れた録音機能の噂を聞きつけて録音のためだけに購入する人が後を立たず、販売から4年が経過した現在もなお高い中古価格で推移しているというわけなのです。

SONY HDR-MV1のスペック

SONY HDR-MV1の基本スペックはこちら。 ・タイプ:ハンディカメラ ・総画素数:1,680万画素 ・動画有効画素数:840万画素 ・液晶モニター:2.7インチ(非タッチパネル)


気になるカテゴリから人気記事をチェック!
[カメラ] [ガジェット] [キッチン] [スマホ] [パソコン] [映像・オーディオ] [生活家電] [美容・健康] [美容家電]  
  • LINEで送る