【電気自動車】進化したリーフもいいけどソーラーカーもすごい!

  • LINEで送る
       

自動車はガソリン、ハイオクで動く…という時代は徐々に終焉(えん)を迎えようとしています。

 

オール電気駆動のリーフが日本で普及し始めてからしばらく経っていますが、現在ではなんとソーラーカーの実用化が始まっています。

 

今買うべきはただの電気駆動自動車ではなく、「ソーラー電気自動車」なのかもしれません。

 

この記事では、従来の電気自動車(EV)と新しいソーラータイプ電気自動車を比較します。

 

電気自動車といえばリーフ?

世界が注目している電気自動車リーフ。日本の各所で給電設備も普及し始めているので、おでかけや旅行の途中で給電することができます。

 

リーフには2010年モデルと2017年モデルがあり、2017年モデルはバッテリー容量が増加し、最大550kmもの長距離を走ることができます。

 

便利さを兼ね備えた5ドアのハッチバックタイプで、家族みんなで乗り込める気軽なファミリーカーとしても使用できます。

 

電気自動車が動く仕組み

電気自動車はガソリンやエンジンなどとは無縁で、環境を破壊する二酸化炭素、NOx(ノックス)を排出しません。なぜなら、モーターと電気で動いているからです。簡単に言うと、電気自動車は単3電池で駆動するミニ四駆のようなものなのです。

 

電気自動車の価格

電気自動車はガソリン・ディーゼル車と比較すると絶対数が少なく、まだ広くは普及していません。環境意識が高くない国では全く認知されていないこともあります。

 



気になるカテゴリから人気記事をチェック!
[カメラ] [ガジェット] [キッチン] [スマホ] [パソコン] [映像・オーディオ] [生活家電] [美容・健康] [美容家電]