SSDの残り容量を増やすために見直したい4つの設定ポイント

SSDを買った当初は容量不足なんて考えもしなかったのに、使い続けていくうちにどんどんと残り容量が少なくなり、焦りを感じてる。なんていう人も多いのではないでしょうか?せっかくのSSDなのに空き容量が少なくて書き換えで消去しないといけないから速度が低下してしまっているなんてことは避けたいですよね。ストレージの増設を計画するのも良いですが、まだ諦めるのは早いですよ。SSDの残り容量を増やす秘策はちゃんと存在するんです。

仮想メモリが本当にいるのか考えてみる

出典:pc.nikkeibp.co.jp

仮想メモリとは、物理メモリいっぱいになった時にメモリ不足を回避するための一時避難場所のようなところです。

色々な情報を引っ張り出して作業をしている時に、一時的に使わない情報を仮想メモリに置いていてくれるんですね。

これだけ聞くととても便利な機能のように感じますが、最近のパソコンは物理メモリが大容量。仮想メモリまで使うということはほぼないんです。

なので仮想メモリが必要ないかなと感じる人は無効にしちゃいましょう。

1.仮想メモリを無効にする

この仮想メモリは「ページングファイル」と呼びます。この部分を無効にしていきましょう。

「コントロールパネル」から「システムとセキュリティ」を開き、システムの詳細設定を選択してください。

出典:jisaku-pc.net

「システムのプロパティ」という画面が開きます。詳細設定のタブにパフォーマンスという項目があります。ここの「設定」ボタンをクリックします。

出典:jisaku-pc.net

「パフォーマンスオプション」という画面が開きます。タブの「詳細設定」を選んで仮想メモリのところの「変更」をクリックしましょう。

出典:fukudon.com

「仮想メモリ」の画面が開きます。ページングファイルなしという項目を選んで、設定をクリックしてください。

出典:jisaku-pc.net

下の図のようなメッセージが出ますが、ここで「はい」を選択してください。再起動すれば設定は完了です。

仮想メモリの無効化、かなり簡単ですよね。この作業だけで残り容量は増えていますよ!

<< 次ページに続く >>


気になるカテゴリから人気記事をチェック!
[カメラ] [ガジェット] [キッチン] [スマホ] [パソコン] [映像・オーディオ] [生活家電] [美容・健康] [美容家電]