システム修復ディスクが作成できない時の対処の仕方

  • LINEで送る
       
システム修復ディスクはパソコンに重大なエラーが起こってしまった時に、そのエラー状態から回復させるためのものです。パソコンが起動しなくなった場合でも、システムの修復を実行できるため、とても役立つものだといえるでしょう。しかし、何らかの要因でまれに「システム修復ディスクを作成できませんでした」という表示が出てくる場合があります。こういった場合にどう対処をしていくべきかを見ていきましょう。

システム修復ディスクが作成できない場合の対処法

システム修復ディスクは通常、書き込みができる光学ドライブとCD/DVD1枚があれば手軽に作れます。ディスクをパソコンにセットしてから、コントロールパネルからバックアップの作成をクリックし、システム修復ディスクの作成を選択します。通常であればこの作業で作成ができますが、修復ディスクの作成ボタンを押した時に「パラメータが間違っています」という表示が出てくることがあります。これにはいくつかの原因があるのです。

考えられる原因の例

何かのソフトウェアが起動している状態だと、何らかのパラメータに影響を及ぼしている可能性があります。この場合にはいったんパソコンを再起動させてから、システム修復ディスクを作ってみましょう。また、ウイルス対策ソフトが起動している場合にも影響を与えてしまうので、いったんソフトを停止してから作成を試してみてください。 また小数点表記の設定が変わってしまっている場合も、ディスクの作成がうまくいかないので注意が必要です。この場合にはコントロールパネルを開いて「時計、言語、および地域」を選択しましょう。地域と言語というウインドが表示されるので、形式のタブを選んで「追加の設定」をクリックしてください。小数点の表記に「.」(ドット)と入力してから、OKボタンを押してパソコンを再起動させましょう。


気になるカテゴリから人気記事をチェック!
[カメラ] [ガジェット] [キッチン] [スマホ] [パソコン] [映像・オーディオ] [生活家電] [美容・健康] [美容家電]  
  • LINEで送る