【地震・洪水・噴火】まさかの災害時に役立つホームページ8選

  • LINEで送る

日本は古来から自然災害が多く、特に近年は地震や洪水で大きな被害が発生しています。そんな中で日本人はさまざまな経験をして、対策についても学んできました。しかし、体験していないといざという時に慌ててしまい、どう情報を集めたらいいかわからなくなってしまうこともあります。もしもの時に備えて行動を想定しながら必要な情報を集めるホームページを確認してみましょう。

災害発生!まずは状況を確認しましょう

大災害は最初から予測できないものも多いのですが、洪水などは近隣の河川の状態を確認することで前もって準備できますし、地震も本震の前に前震と呼ばれる小規模な地震があった際に情報を集めておけば迅速な対応をできる可能性が高まります。しかし、ネット社会の恐ろしいのは事実と反する情報や思い込みの情報で危機感をあおるサイトも存在することです。少しでも不安がある際には正確な情報を集められるサイトを確認しましょう。

何はなくとも気象庁! 全国の正確な情報が迅速に集まります

住んでいる地域がどこでも情報がすぐに集まり、正確な情報を伝えてくれるのが気象庁です。多くの報道機関も気象庁の情報を元に報道していくので、さまざまな人の印象や思い込みが介入する前の最新の情報が確認できます。また、地震などであなたが感じた小さな揺れがどこで発生し、大きな被害になっていないかを確認することもできます。さらには大災害に備えるための知識や情報なども掲載されているので余裕がある時に見ておくのも災害時の備えになります。

 

避難経路は大丈夫?救援やボランティアでも交通情報のチェックは必須です!

いざ災害が起きたとして、準備を終えて脱出! 近隣の避難場所へと思ったら道が断絶・。車で移動しようとしても通行止めだったり、渋滞がひどかったり。車社会が当たり前になった世の中では当たり前だと思っていたからこそ、それが失われたときにパニックになるのも仕方のないこと。また、救援に向かっても到達するのに時間がかかってガス欠になってしまうこともありえます。迅速な避難は大事ですが、避難場所が遠い場合などは一度経路もチェックしましょう。

情報が充実しているのはやっぱり国。詳細な確認は国土交通省で

一番信頼できて、さまざまな状況の詳細が確認できるのは「国土交通省の道路防災情報」。ライブカメラの映像なども見られるのでより詳細な状況が確認できます。ただし、情報量が多くて知りたい情報までたどり着くのに時間がかかる可能性も。どちらかというと自身の安全が確保できた後で確認する場合に利用するサイトかもしれません。

正確さを求めるならば日本道路交通情報センター

情報が限定されている分、見やすくて正確な情報にたどり着きやすいのが「日本道路交通情報センターの災害時情報提供サービス」。各県から仕分けされているので情報に到達しやすくなっています。

各社のGPSから得た情報を反映した通行状況を表示する「通れた道マップ」!

各自動車メーカーの車に搭載されたGPSの走行実績データを元に、実際に通れた道を表示するサービスが「通れた道マップ」。連携しているカーナビは当然ですが、パソコンやスマートフォンでも使用でき、カーナビを利用していない人が経路を確認する場合や知人に情報を提供する場合などに利用できます。情報の速さや正確性には優れていますが、あまり車が通っていないような場所だと情報が不足している可能性があります。

 

その避難場所、本当に大丈夫?まだ入れる?避難場所の状況はどこでチェックする!

いざ避難場所に向かおうとしても近くの避難場所がわからなかったり、着いてみたらその避難所自体がすでに危険な状況にあったり、ということはありえます。過去の大災害でも避難所に逃げ込んだけれど、その避難所ごと災害に巻き込まれてしまったという事例がありました。そんな状況を避けるためにも避難所の情報を確認するのは重要です。ひとまずの安全が確保できたら避難所に移動する前に状況を確認しましょう。

情報の正確さは国の情報が一番

国が表示している避難施設情報ページが「内閣官房の国民保護ポータルサイト」内「都道府県避難施設一覧」です。各市町村から情報を集めているので正確ですが、各自治体の連絡状況などによって情報が遅くなることはあるかもしれません。

近隣の危険状況を表示し、避難所までのコンパスも搭載したアプリケーション

サイトではなくスマートフォン用のアプリケーションですが、近隣の気象情報や各種の災害情報を収集し、避難所の標高なども表示するので、避難所のおおよその安全状況を確認できるのが「ファーストメディア」が提供する「防災情報全国避難所ガイド」。実際の使用時にはGPSとリンクし、最寄りの避難所まで導いてくれるコンパス機能も利用できます。避難所の所在地については常時更新していて14万件を超える施設が登録されています。




気になるカテゴリから人気記事をチェック!
[カメラ] [ガジェット] [キッチン] [スマホ] [パソコン] [映像・オーディオ] [生活家電] [美容・健康] [美容家電]  
  • LINEで送る