スマホが熱くなっているけど大丈夫?異常な発熱の原因と対処法

  • LINEで送る

最近はますます便利になっているスマートフォン。普及も進み、多くの人が利用する家電となって久しいでしょう。ポケットに入るような手軽さが重宝される理由の一つですが、どれだけ小さくても精密機械であることは変わりありません。電気を利用するからこそ、熱を発していますし、時にはそれが本体の中に溜まってしまうこともあるでしょう。「ちょっと熱くなり過ぎでは?」と感じたことのある人も少なくないはずです。もしかしたら、それは何らかの異常から来るものかもしれません。

スマホは熱を発するもの

前提として、スマホは電池を搭載した機械です。画面を発光させ、内部では電子回路が働き続けています。ですから、熱が出るのは自然なことであり、それ自体はおかしなものではありません。ただ、「持つのが辛くなるくらい熱い」という異常な発熱をする場合には、注意が必要になります。そうした状況になる原因はいくつかありますが、中でも故障などに繋がるものについては、確認してみる必要があるでしょう。

アプリケーションが原因の発熱

スマホが熱くなる原因の一つとして、利用中のアプリケーションの問題があります。特に多いのはゲームを利用している際の発熱です。ゲームだけに限りませんが、スマホのアプリは時を重ねるほどに性能の良いものが増えています。もちろん、それはスマホ自体の性能が上がっているからですが、それらを動かすエネルギーも増えていくのは当然です。けれども、スマホの排熱というのは、決してそれに比例するようには増えていません。結果、機能が充実するほどに、アプリを動かすためにスマホにかかる負荷は増え、熱を発生させやすい環境が生まれるようになっています。「スマホが熱くなってきた」と感じたなら、一度利用中のアプリを終了して、熱が引くのを待つなどの対策をとるべきでしょう。

ケースに入れることで排熱が妨げられる

どんなに上手に利用していても、スマホ自体が動いている以上、熱が出るのは当然です。ですから、スマホの設計には本体の排熱も考慮されているでしょう。ところが、これを大きく妨げるものがあります。多くの人が使っているスマホケースです。スマホ自体を覆うような形で装着されるケースは、落下などの衝撃で本体が傷付くのを防止してくれるアイテムです。それはとてもありがたいことですが、密着する物体があることで、スマホに熱が篭もりやすくなるのも事実でしょう。そのため、ケースをつけた状態でスマホを長時間利用すると高温になりやすいわけです。そういう場合には、一度ケースを外して熱を逃がしたり、利用を一旦中止するなどするべきでしょう。




気になるカテゴリから人気記事をチェック!
[カメラ] [ガジェット] [キッチン] [スマホ] [パソコン] [映像・オーディオ] [生活家電] [美容・健康] [美容家電]  
  • LINEで送る