顎下のヒゲはシェーバーで剃りづらい!正しい剃り方でキレイに剃ろう

  • LINEで送る

シェーバーを使ってヒゲを剃るときに、どうしても剃り残しができてしまう部分ってありますよね。中でも顎下は複雑な形状なのでシェーバーで深剃りしにくいポイントです。無理にシェーバーを押し当てると肌に傷を付けてしまう原因にもなります。顎下もしっかり剃るためには、シェーバーの正しい使い方を知ることが大切です。そこで、今回はシェーバーの正しい使い方と、顎下も綺麗に剃り残しが無く剃れる方法をお教えします。これさえ読めば、もう痛い思いと剃り残しともお別れです!

顎下は特に剃りにくい

出典:img1.kakaku.k-img.com

シェーバーで顔を剃る中で、顎下は特に剃りにくい部分です。なぜなら顎下はくぼんでいるため、どうしてもシェーバーが奥まで入りにくいのです。電気シェーバーは外刃を肌に押し当てることでヒゲをキャッチして、内刃でしっかり根本まで剃り落とすものです。

しかし外刃が届かない顎下はどうしても剃り残しができてしまいます。顎下の剃り残しを防ぐには、シェーバーの外刃を肌に密着させる必要があります。そこからさらに深剃りをしなくてはいけないため、どうしてもカミソリに比べ剃り残しが多くなってしまうのです。

↓ 次ページに続く ↓



気になるカテゴリから人気記事をチェック!
[カメラ] [ガジェット] [キッチン] [スマホ] [パソコン] [映像・オーディオ] [生活家電] [美容・健康] [美容家電]  
  • LINEで送る