アレルゲンのダニ退治とじっとり湿気をカラッと快適!布団乾燥機3機種

  • LINEで送る

梅雨が明けてから夏真っ盛りですが、日本の夏は熱帯雨林かと思うほどに湿気が酷いですよね。こういう時期のお布団は、空気中の湿気と寝汗によって、じっとり湿っぽくなってしまいます。夏の布団の湿気のいや~な所は、布団を元にダニが発生してしまうこと!

ダニは刺されて痒いだけでなく、ダニアレルギーの元にもなってしまいます。しかもダニは梅雨時期から夏にかけて大量発生してしまうのです。

 

ダニの健康被害あれこれ

布団にはダニが30万匹存在すると言われています。代表的なダニは5種類ほどですが、チリダニ、(ヒョウダニ)、コナダニ、ツメダニ、イエダニは、主にカーペットや布団に生息しています。今、話題になっているマダニは、肉眼で見える大型のダニですが、屋外から連れて来る場合も。今回は一般的に存在するダニの怖さをお話します。

 

チリダニは、ホコリや人間のフケや垢などをエサにし、高温多湿の環境で増殖します。チリダニは人を噛みませんが、その死骸やフンがアレルギー性鼻炎、喘息の原因となり、アレルギーを引き起こしたり風邪をひきやすくなったりすることも。

 

コナダニは人を刺すことはありませんが、鰹ぶし砂糖・乾燥果実・味噌・削り節・煮干・小麦粉・チーズ、医薬品、ワラを食べて増えます。コナダニが大量発生すると、コナダニを捕食するツメダニが増殖し、そのツメダニに刺咬されてしまうのです。

 

ツメダニは他のダニなどを捕食していて、基本的に人間を刺咬しませんが、稀に人を刺し体液を吸うため、刺咬症の原因になることもあります。

 

イエダニはネズミや鳥に寄生する吸血性のダニで、人も吸血します。割れ目や暗い場所に潜み、夜間に刺咬、吸血します。夏の湿度と気温の高い時期に大量発生します。




気になるカテゴリから人気記事をチェック!
[カメラ] [ガジェット] [キッチン] [スマホ] [パソコン] [映像・オーディオ] [生活家電] [美容・健康] [美容家電]  
  • LINEで送る