LEDテレビにも種類がある?直下型とエッジ駆動型のどちらを取る?

1094

液晶テレビの一種、LEDテレビは現在2タイプが出ています。直下型とエッジ型です。ご存じでしたか?どちらも薄くて電気代が安くて画面がきれいです。寿命もほぼ同じこの2タイプですが、すっかり同じという訳ではありません。液晶画面の4Kテレビを選ぼうとすると、どれも同じようにきれいに見えて迷ってしまいますよね。このLEDの直下型、エッジ型の違いを知っていると、選ぶときの参考になりますので、それぞれの特徴をつかんで区別が付くようになりましょう。

LEDテレビの電気代はどのくらい安いの?

出典:static.enechange.jp

大型の4Kテレビの時代にはLED

テレビはますます大型化してきています。それに合わせて、大きく映してもきれいな4Kという方式を採用しているテレビが増えてきました。

画面が大きくなったから、小さい画面用の画像をそのまま写したのではガサガサして汚くなってしまうからです。

以前は大きな液晶画面が技術的に作れなかったので、大型テレビはプラズマ方式でした。

それがCCFLの液晶が大型化し、最近ではLEDになって来ています。

プラズマと液晶の電気代

プラズマテレビは電気代がかかるというのは知られていましたので、液晶テレビは電気代が安いと人気が出ました。

同じ大きさで比べると液晶テレビはプラズマテレビの三分の一、四分の一という電気代で済むのです。

その従来型の液晶テレビ、CCFL=冷陰極管(Cold Cathode Fluorescent Lamp)に比べて、LEDタイプの液晶テレビは電気代がさらに安くなります。

<< 次ページに続く >>