ほうれい線が悩み!超音波を使う美顔器がおすすめ

  • LINEで送る

女性は加齢に加えてほうれい線があるだけで老けた顔になってしまいがちです。このマリオネットラインが出来る年齢には個人があります。原因は加齢だけでなく様々な理由も伴ってきます。そうなれば出来る限り若いうちから作りたくないものです。ここでは、如何にして、ほうれい線への加速度を落とすか?もし、出来てしまった後はどうすれば軽減できるかをお伝えします。

ほうれい線を予防をしよう

出典:beauty-life.jp

お肌のたるみが原因

ほうれい線が出来る、大きな原因はお肌のたるみにあります。加齢による筋力低下でたるみ始めた部分がシワやほうれい線になります。20代前半の若い時までは、コラーゲンの生成や代謝は活発で、ハリ・弾力を保ってくれます。30代位から表情筋も弱りはじめ、さらに加齢と共に肌内コラーゲンの繊維の水分や弾力性が失われてく表情を変えなくても法令線が目立つようになってくるのです。

生活習慣や体質も大きく影響する

ですが、ほうれい線は加齢が要因だけでもありません。日頃からの睡眠不足、暴飲暴食、ストレスなども原因になり、ダイエットで急激に痩せたり、目の疲れや紫外線、喫煙やアルコールなどによる肌の衰えなどの日常生活の状態や身体の内側からの要因も大きく影響されます。

ほうれい線ができやすい傾向にある体質の人もいます。「乾燥肌の人」「肌が紫外線に弱い」「頬の肉が多くたれ下がり気味の人」「表情筋や首の筋肉が衰えの顕著な人」「血行が滞り代謝が悪い人」です。思い当たる所が多いなら、予防策として自覚しておく事ができます。

むくみを取ることで対策できる

また、むくみはほうせい線と密接な関係があります。あなたは肩や首のコリを感じていますか?もしそうならば、肩コリや首コリで血行やリンパの流れが悪くなり、首から上の顔や頭に血液やリンパ液が溜まりがちになります。

このリンパ液が溜まった状態は、顔のむくみになります。顔がむくんだ重さで、まぶたや頬が下に垂れ下がります。下降することにより、ほうれい線を作りやすくし、目立たせてしまいます。逆に言えば、ほうれい線の対策法はむくみを取ることだという事になります。

出典:www.skincare-univ.com

ほうれい線は鍛えれば改善される

エステの施術を受ける、意識して、衰えてしまった頬、首回りの表情筋を鍛えるようにしてみる。マッサージや運動で、筋肉をトレーニングで引き締める。簡単にいえば、自分でできる方法は、この一言につきます。

何と言っても、たるんでしまった表情筋を効果的に鍛える事が一番です。この時、無理やり口角をあげようとしてもムダです。ほうれい線は首筋を鍛えるのが効果的です。試しに口角を上げてみても首への影響は何もありません。それなら返って口角を下げたほうが首への反響はあります。鍛えるパーツは、口から首への筋肉がほうれい線に最も効くところなのです。

出典:www.eface-sapporo.com




気になるカテゴリから人気記事をチェック!
[カメラ] [ガジェット] [キッチン] [スマホ] [パソコン] [映像・オーディオ] [生活家電] [美容・健康] [美容家電]  
  • LINEで送る