血圧計には寿命がある?意外と知らない血圧計の耐用年数

低血圧に高血圧…血圧が気になり始める年齢ともなると、自宅に居ながら血圧を測れる家庭用の血圧計は便利な商品ですよね。血圧は1日だけ測ったところで健康状態がわかるわけではないので、できれば毎日決まった時間に測るのが理想ですが、家にあればそれも可能になります。しかし血圧計には寿命があり、毎日使っていると正しく測定できなくなるという現象が起こるのです。知らないとビックリしてしまうので、これを機会に覚えておいてくださいね。

血圧計の種類

出典:www.omron.co.jp

家庭用として市販されている血圧計は、大きく分けて2種類になります。測る部位が「上腕」の商品と「手首」の商品があり、医師などの専門家が勧めるのは上腕部で測る血圧計ですね。

どちらも血圧を測るために圧迫帯(カフ)を巻き付けて、心臓と同じ高さにする必要がありますが、自然にそれが可能な上腕式に対して、手首に巻くタイプは意識しなければいけないのがネックとなっているようです。

手首式血圧計

比較的小さい血圧計なので、携帯していればどこでも血圧を測れるというメリットがあります。小さいだけに性能面では不安があると思われがちですが、最近の商品は精度も上がって正確な血圧が測れるので、例えば仕事中に測るために持って行くという補助的な使い方なら十分に満足できますよ。

ただし手首は上腕部に比べて肉も少ないですし、面がフラットではないという点から、動脈を圧迫しづらいので、必ずしも正確な数値が出るとは言い切れないでしょう。

上腕式血圧計

病院の待合室でよく見かける「アームイン型」の場合は他の商品に比べて価格が高いですが、座って手を入れるだけで良いという手軽さと数値の正確さを踏まえれば一番のおすすめ商品です。

一方「巻き付け型」は機械がコンパクトなので置き場所をとらないという点と低価格がメリットですが、測定位置を正確にしたり、圧迫帯の巻き方に気を付けたりしなければいけないという作業が必要になるので、手間がかかると言えるでしょう。

<< 次ページに続く >>
気になるカテゴリから人気記事をチェック!
[カメラ] [ガジェット] [キッチン] [スマホ] [パソコン] [映像・オーディオ] [生活家電] [美容・健康] [美容家電]