これで大丈夫!DVDがWindowsパソコンで再生できないときに確認しておきたい原因と対策

  • LINEで送る
       

パソコンはさまざまな情報を処理するだけでなく、TVチューナーを付けてTV代わりにしたり、DVDを見たり、といった家電代わりにも使えるものです。実際、TVもDVDプレーヤーもなく、パソコンでそれらをまかなっている方も多くなっています。

しかし、「DVDをレンタルしてきたけれど見られない」「友人からもらったDVDが見られない」などということもあるようです。その原因と対策を考えてみましょう。

 

まずはディスクの外観を確認しましょう。

もっとも単純な問題でありがちなのはDVDディスク自体の破損。多くの貸し借りや再生で板面が傷ついていたり、飲み物や汗、皮脂などで汚れていたり、熱でゆがんでいたり、などさまざまな状況があり得ます。大きなゆがみや傷ではどうしようもない場合もありますが、多少の破損ならば汚れを落とせば大丈夫なこともあります。まずはディスクのクリーニングを試してみてください。

 

ドライブがDVDに対応しているか確認

パソコンのDVDドライブは基本的にデータを読み取るためのものです。そのため、DVDビデオを見ようとする場合、パソコンのソフト面で対応していないことがあり得ます。

また、DVDにはさまざまなディスクの種類があり、それが対応していないこともあるでしょう。さらに古いパソコンではそのドライブがDVDに対応しておらず、CD-ROMしか対応していないなんてこともない話ではありません。

まずはパソコン自体の状況を確認しましょう。

ドライブの仕様を確認

まずはDVDドライブの入口を見てみてください。「DVD」のロゴが付いているでしょうか? またその対応ディスクなどもロゴ部分でおおまかに確認できます。

外観でわからない場合にはパソコンの「プロパティ」から「デバイスマネージャ」を開き、内蔵のドライブを確認できます。この方法ではドライブの認識状況や型番も確認できるのでインターネットで型番を検索し、対応状況を調べるのもいいでしょう。

DVDドライブが故障していないか確認する方法

DVDドライブが付いていても壊れていては意味がありません。購入時に付いていても使っていなければ壊れていてもわからないのです。

一番簡単な確認方法は「DVDを入れてみること」。今回見たいDVDではなく、CDでもいいので他のディスクを入れてみましょう。それで動けば一応は稼働することがわかります。



気になるカテゴリから人気記事をチェック!
[カメラ] [ガジェット] [キッチン] [スマホ] [パソコン] [映像・オーディオ] [生活家電] [美容・健康] [美容家電]  
  • LINEで送る