おすすめの食器洗い機は?メーカー毎の詳細、寿命、設置費用、選び方など

  • LINEで送る
       
一度に食器をたくさん洗いたい人におすすめです。

サイズを決める

幅45cmの食器洗い機、幅60cmの食器洗い機、どちらにするのか決めます。 大きめのサイズにした方が、食器もたくさん入りますし、大きい鍋も洗えるので便利です。 ただし、自宅のシンク下、カウンター下の高さに合わないこともありますから、きちんと高さ、奥行き、幅すべてのサイズを確認してから決めるようにしましょう。

ドアの開閉タイプを決める

ビルトイン型の場合には、「スライド式」と「フロントオープン式」の食器洗い機があります。 スライド式では、引き出しのように開けて中のボックスに食器を並べていきます。 あまり腰をかがめなくても作業ができるため楽です。 節水性も高く、小人数家族、こまめに食器を洗いたい人におすすめです。 フロントオープン式では、扉を前に開けて中からカゴを取り出して食器を並べていきます。 洗浄力が高く、一度に食器を多く洗うことができます。 大人数家族、食器洗いをまとめてしたい人におすすめです。

費用について

食器洗い機を購入しても取り付けするためには別途工事費用が必要になります。 食器洗い機の種類、サイズ、取り付け内容、キッチン、水道の状況などによっても工事費用に違いはありますが、参考までにおおよその工事費用をご紹介します。 ここではビルトイン型の食器洗い機を取り付ける場合の工事費用について見ていきます。

水栓工事費用

食器洗い機を新規で設置する場合には、水栓工事も必要となります。 まず給排水の確保をしなければいけません。 分岐水栓の取り付け工事が4,000円~5,000円ほど、分岐水栓本体の代金も別途5,000円~15,000円ほどかかります。 食器洗い機を使う場合には、専用の電源を確保する必要もあります。 シンク下などにコンセントがあり電源が確保されている場合は大丈夫ですが、なければ電源の分岐増設工事が必要になります。 コンセント分岐費用は5,000円ほどかかります。 ブレーカーから新規で電源回路をもってくるとなると15,000円ほどの工事費がかかります。

標準取付工事費用

水、電源が確保されていて、設置場所もビルトイン型の食器洗い機が入るサイズ確保できていれば標準取り付け工事になります。 標準取り付け工事費用は、40,000円~50,000円ほどです。 その他キャビネットのサイズ調整、扉の設置をしたときなどに加工費用、処分費用、出張費などがかかることもあります。 以上の価格が食器洗い機の本体価格とは別に必要となることを、参考程度に知っておいてください。


気になるカテゴリから人気記事をチェック!
[カメラ] [ガジェット] [キッチン] [スマホ] [パソコン] [映像・オーディオ] [生活家電] [美容・健康] [美容家電]