おすすめの食器洗い機は?メーカー毎の詳細、寿命、設置費用、選び方など

  • LINEで送る
       
食器洗い機もかなりお高い家電のひとつ。あらかじめ事前見積もりを行って設置可能の有無、費用の確認をしておきましょう!

食器洗い機には、ビルトイン型、据置型がある

最近はどこの家庭でも当たり前になってきた、食器洗い機。 建売のお家を購入すると、キッチンには大抵の場合ビルトインの食器洗い機が付いています。 食器洗い機には、ビルトイン型、据置型があります。 据置型はどこにでもおけて、どんなキッチンにでも後付けできるため便利です。 しかし大きさがかなりあるため場所をとりますし、見栄えもよくないというデメリットがあります。 その点、ビルトイン型は、一見しただけではどこにあるのかわからないので、キッチンがすっきりとして、インテリアの邪魔にもならないというメリットがあります。 リフォームを機に、ビルトイン型へ変える人も多いです。 特に最近流行りの、オープンキッチン、アイランド型にするのならば、ビルトイン型にするのがおすすめです。 大がかりにリフォームをしなくても、今のキッチンのシンク下などへビルトインすることも可能です。

食器洗い機のメリット

食器洗い機を使うことは、キッチンをすっきりとさせるメリットもありますが、他にも衛生的であること、省力化につながるといったメリットがあります。 手洗いするよりも食器がきれいになりますし、手荒れ、手湿疹などで悩むこともなくなります。 除菌もできるため大切な家族に安心して食器が使えます。 手洗いよりも使う水量が少ないので、節水にもなりますし、経済的に節約もできます。 シンクに汚れものが溜まることもなくなるので、シンクも汚れません。 1日分をまとめて洗うこともできます。 食器洗いをしていた時間を他の時間に使えるため、時間にゆとりができるというメリットもあります。

選び方

ビルトイン型の食器洗い機を付ける場合の選び方のポイントを紹介します。 まずは以下の3つのポイントについて決めて、そこから該当する製品を選んでいきます。

設置スペースを決める

ビルトイン型の食器洗い機を設置するなら、「シンク下」か「キャビネット部分」にするのが一般的な方法です。 シンク下の場合には、扉を外してシンク下へ食器洗い機を設置することになります。 シンクに近いため食器の出し入れに便利です。 作業を早く行いたい人におすすめです。 キャビネット部分の場合には、カウンター下にあるキャビネットをはずしてそこへ設置することになります。 シンク下より深いため、庫内容量の多い食器洗い機を付けることができます。


気になるカテゴリから人気記事をチェック!
[カメラ] [ガジェット] [キッチン] [スマホ] [パソコン] [映像・オーディオ] [生活家電] [美容・健康] [美容家電]