見た目以上に汚れている!キーボードの掃除の手順

  • LINEで送る

普段何気なく使っているパソコンのキーボードですが、モニターの汚れは気になって掃除しても、キーボードまではあまり意識が向かなかったりもするものです。ただ、食べカスやホコリをそのままにしておくと、キーボードの不具合の原因を作ってしまうことにもなります。実際にキーボードを掃除する時の手順をきちんと見ていきましょう。

キーボードはトイレの便座よりも汚い?

キーボードの汚れについて、イギリスの雑誌が調査した結果があります。そこでは編集部内で使用しているパソコンのキーボードを調べたそうですが、中には大腸菌やサルモネラ菌が見つかったものもあります。しかも、トイレの便座の約5倍の量というから驚きです!
毎日パソコンを使うとしたら、やはりキーボードの汚れに注意をしておく必要はあります。ただ、実際にどうやって掃除をすればいいのか悩むものでもあるでしょう。キーボードを掃除する時のこまかな手順について見ていきましょう。

キーボードの掃除をする時に揃えておきたいもの

キーボードの掃除には、できるだけ家の中にあるものを利用しましょう。洗面器や台所用洗剤、洗濯ネット・綿棒・タオルなどはすぐに用意できるかと思います。他には新聞紙やドライバー、デジタルカメラやティッシュなどです。新たに購入しておきたいものは、エアダスタ―とキートップを引き抜く工具です。これらを使って、実際にキーボードを掃除していきます。

キーボードを撮影して、キートップを外してしまう

キーボードを掃除するためには、そのままの状態では掃除ができません。そのため、キートップを外す必要があるのです。ただ、いきなりこのキートップを外してしまうと、後からどの順番だったか分からなくなってしまうため注意が必要でしょう。後から困ってしまわないためにも、先にデジカメで写真を撮っておいてください。
写真を撮ったらキートップを引き抜いていきますが、そのためには専用の工具を使う必要があります。数百円程度で購入できるので、それを使って作業を進めていきましょう。工具を使って、真上から挟み込むようにして引き抜いていきます。一気に引き抜こうとすると、キートップを破損させてしまう恐れもあるため、ゆっくり作業をしていきましょう。小さなキートップは工具を使えば外れます。大きいサイズのキートップはドライバーを使って外していきます。また大きなキートップには針金がついていることがあるので、洗う時には針金を外してから洗うようにしてください。

キーボードは台所用洗剤で洗っていく

すべて外し終えたキートップを洗濯ネットに入れて洗っていきましょう。洗濯ネットを使うことで、キートップを失くしてしまうことを防げますし、キートップ同士がこすれあって汚れが落ちやすくなります。
一通り洗い終えたら、今度はよく乾かしましょう。キーボードは電気製品ですので、水気を残してしまわないように念入りに乾かしてください。洗い終わったらタオルで水気を拭き取って、新聞紙の上に広げて乾かしましょう。ドライヤーを使って乾かすのも、効率的で良いといえます。

キーボード本体の掃除はかんたん!

キートップを乾かしているうちに、キーボード本体の掃除も進めていきましょう。キートップを外してみれば分かりますが、意外とホコリが溜まってしまっています。エアダスタ―を使ってホコリを吹き飛ばしたら、綿棒を使って細かな部分を掃除していきましょう。こちらは水洗いはしなくて大丈夫です。

キートップが乾いたら、写真を見ながら元の位置にはめ込んでいく

キートップが乾いたら、後は元の場所にはめ込んで作業は終わりとなります。作業前に撮った写真を元にはめ込んでいきましょう。気をつけておきたいのは、同じサイズのキートップは場所を間違ってはめ込んでしまいがちなので、落ち着いて作業を行いましょう。




気になるカテゴリから人気記事をチェック!
[カメラ] [ガジェット] [キッチン] [スマホ] [パソコン] [映像・オーディオ] [生活家電] [美容・健康] [美容家電]