パソコンのこまめな掃除が寿命を延ばす!自分で取り組む場合のポイント

  • LINEで送る

普段パソコンを使う機会が多くても、なかなか掃除にまで手が回らないものです。しかし、何年も同じパソコンを使っていて掃除をしないままでいると、さまざまな不具合を引き起こしてしまいます。
パソコンには熱がこもらないようにするために冷却装置が付いていますが、ホコリをどんどん吸い込んでしまうと冷却機能がうまく働かないばかりか故障の原因にもなってしまうでしょう。またホコリが元でショートの原因を招いてしまうことがあります。大切なパソコンの寿命を延ばすために、自分で掃除をするときのポイントをお教えします。慣れてしまえば、難しい作業ではないのでぜひ実践してみましょう!

外から見てもホコリが見えている状態なら、掃除をするサイン!

パソコン本体の裏側をちょっと覗いてみて、ホコリが出ていたら掃除を始めるタイミングです。またカードリーダーやUSBの差込口からホコリが見えている場合も同様です。外側から見てもホコリが確認できるということは、パソコンの内部にはそれなりにホコリが溜まっています。ホコリだらけの状態を放置してしまっては、パソコンの冷却機能がうまく働かないため、すぐに掃除を始めましょう。

掃除をする時に便利なアイテム

掃除といっても基本的には、パソコンの内部を開いてホコリを取り除けば良いだけです。しかし、精密機器であるパソコンの扱いはちょっと気をつける部分もあります。そのためには、掃除に必要なものをあらかじめ揃えておきましょう。
パソコンを掃除する時には除電ハケやピンセット、エアダスターがあると便利です。それからハンドクリーナーや静電気防止加工の手袋なども用意しましょう。あと作業中にホコリを吸い込んでしまってはいけないので、きちんとマスクも用意してください。

掃除に取り掛かる前の作業

パソコンの掃除を行う時には、本体の電源を落として、電源プラグからコンセントを抜きましょう。そして、作業に取り掛かる前に金属に触れて、静電気を除去しておいてください。作業中はホコリが思った以上に飛んでしまうため、汚れても大丈夫な場所を確保することも大切です。

見えているところのホコリを落とし、内部の掃除を始める

掃除の手順としては、まずは見えている部分の掃除から行いましょう。吸気口やUSBの差込口、ファンの部分です。後から内部の掃除を行うので、とりあえず除電ハケやピンセットを使って取れるものだけ取っていくといったスタンスで大丈夫です。
一通り、外側の掃除が終わったら、今度はパソコン本体の側面パネルを外して内部の掃除に取り掛かります。フタを開けてみると、長年溜まってしまった大量のホコリが確認できるはずです。基本的にはハンドクリーナーなどの掃除機でホコリを吸っていきますが、マザーボード付近は掃除機を使ってはいけません。静電気が発生してしまったり、基盤を傷つけてしまう可能性があるからです。

各部の掃除をこまめに行っていく

大まかなホコリを取り除いたら、今度はパーツごとの掃除を行っていきます。まずはホコリの目立つファンの部分に手をつけてみましょう。大きなホコリはピンセットで除去すると作業が早いです。大量にホコリがある場合には、割りばしでつまんで捨てましょう。
ハードディスクの部分や配線が絡まっている部分はピンセットだと傷をつけてしまう恐れがあるので、除電ハケで掃除をしていきます。基盤の部分につながっていないところであれば、ウェットティッシュを使うのも1つの方法です。

基盤の掃除はエアダスタ―が力を発揮する!

パソコンの中でも基盤はデリケートな部分なので、エアダスタ―を使って細かなホコリを取り除きましょう。かなりホコリが舞う作業なので、マスクの着用は必須です。どんどんホコリを飛ばしていって、落ちてきたホコリを掃除機で吸い取ってください。ここまでの作業で、パソコンの掃除は一通り完了となります。




気になるカテゴリから人気記事をチェック!
[カメラ] [ガジェット] [キッチン] [スマホ] [パソコン] [映像・オーディオ] [生活家電] [美容・健康] [美容家電]