意外な機能まで備わっている!Apple純正イヤホンマイクの性能

  • LINEで送る

 

Appleの純正イヤホン・正式名称は「EarPods」

付属品としてiPhoneについてくるイヤホンですが、きちんと名前があります。その名も「EaePods(イヤーポッズ)」です。こちら、正式なiPhone用アクセサリーであり、AppleStoreでもきちんと、単体で発売されている製品です。

iPhoneと組み合わせて使うことで真価を発揮する!

高い性能がある……とはいえ、ただEarPods一つだけで、何かスゴイことができるわけではありません。あくまでiPhoneのアクセサリーですから、一緒に使用してこそ、その機能を最大限発揮できるのです。では、実際にどのような使い方ができるのかを見ていきましょう。

ハンズフリーで通話ができる「マイク機能」

EarPodsのケーブルの途中には、マイクのマークが描かれている部分があります。ここが使用者の声を拾うようになっていて、ハンズフリーでの通話を可能にするのです。しかもそれだけではありません。iPhone自体に触れることなく通話を開始することができます。方法は簡単で、マイクのマークがある部分の反対側にあるくぼみにある「センターボタン」を押すと、そのまま通話が開始します。また、センターボタンを長押しすれば、「ただいま電話に出ることができません」というアナウンスを送る形で、着信を拒むこともできます。通話中にくぼみを押せば、通話を終わらせる操作になります。

「Siri」を起動して操作できる

iPhoneにおける便利な機能の一つが、アシスタントのSiri(シリ)による音声操作です。本来はホームボタンを長押しして起動し、音声によってアプリの起動や操作、情報検索などが可能です。そこにEarPodsを加えると、iPhoneに直接触れることなく、Siriを利用できる点が優れた特徴だといえます。やり方はイヤホンのセンターボタンを長押しするだけです。これでSiriが起動しますから、あとはイヤホンマイクに向かって、必要な指示を伝えるだけです。例えば、Siriを起動してから、マイクに向かって「〇月□日に△△さんと会う予定を登録」と伝えれば、スケジュールアプリに予定を書き込んでくれるわけです。これなら、通話で決まった予定をそのまま記入できるため、日程を間違えたりメモをし忘れたりすることも少なくなるでしょう。

センターボタンはコントローラにもなる

センターボタンの両隣には、それぞれ「+」と「-」のマークが付いています。これを見れば、「音量調整ができるんだな」とすぐに気付く人もいるでしょう。それは正しいですが、決してそれだけではありません。EarPodsは音量の変更だけではなく、現在視聴している動画や音楽を一時停止したり、再生させたりできます。こちらもセンターボタンを押すことで、再生と一時停止が切り替わるのです。加えて、センターボタンによる操作は他にもあります。すばやく2回押せば次の曲や動画へのスキップになり、3回押せば前の曲に戻ることができるのです。さらに、2回連続で押して最後を長押しすると早送り、3回連続に最後長押しで巻き戻しにもなります。やや操作がややこしいですが、覚えてしまえばなかなか便利です。特に満員電車などで音楽を聴いていたりすると、iPhoneを取り出して操作するのが億劫だったりします。イヤホンで操作できるなら、手間がかかりません。




気になるカテゴリから人気記事をチェック!
[カメラ] [ガジェット] [キッチン] [スマホ] [パソコン] [映像・オーディオ] [生活家電] [美容・健康] [美容家電]  
  • LINEで送る