パソコン豆知識!グラフィックボードってなに?

  • LINEで送る

ひと昔前と比べれば、パソコンを持っている家庭も随分と増えたでしょう。ですが利用することはできても、パソコン自体の知識というのは、なかなかハードルが高いもの。何やら難しい言葉が多かったり、よくわからない部品があったりして、「とりあえず使えればいい」という人も多いかもしれません。しかし、ちょっと知っておくと、もっとパソコンを快適に利用できる可能性があるのです。今回はパソコン部品の一つ、グラフィックボードについてお話ししたいと思います。

きれいな映像を見たいなら「グラボ」にこだわるべき

通称「グラボ」と呼ばれるパソコン用の部品、それがグラフィックボードです。名前の通り、これはパソコンからモニターに映像を出力する際に使われるもの。主な役割としては画像のきめ細やかさを向上させたり、表示する色を増やしたり、出力された映像が実際に反映されるまでの時間差を減らしたりするものです。簡単に言えば、「映像を快適に見る」ための部品というわけです。最近では、パソコンで動画などを見ている人も少なくないでしょう。だからこそ、グラフィックボードについて知っておくのは、決して損にはならないはずです。

グラフィックボードだけを交換することができる

デスクトップパソコンで映像を楽しんでいると、「なんだか動きが悪い」と感じる場合があります。これはグラフィックボードの性能が、映し出される映像のデータに追いついていない場合があります。「パソコンを買い替えるべきか」と考えてしまうかもしれませんが、ちょっと待ってください。デスクトップパソコンの場合、グラフィックボードのみを取り換えられる場合があります。パソコンの基本的な機能を保持する「マザーボード」上に、グラフィックボードを差し込む「スロット」が付いているからです。パソコンの性能によっては付属してない場合もありますが、大抵は一つないし二つのグラフィックボード用のスロットが存在しています。好みの性能を持つグラフィックボードに取り換えれば、今よりもずっとキレイな映像を楽しむことができるでしょう。

グラフィックボードを持たないパソコンもある

本来、グラフィックボードはパソコンを出力する映像すべてを管理するものです。そのため、グラフィックボード無しでは、モニターに映像を映すことができません。ですが、最近では「オンボードグラフィック」と呼ばれるものが存在し、グラフィックボード無しでも映像を出力できるようになっています。これはグラフィックボードの機能を、マザーボード自体に搭載することで、グラフィックボードを使用しないで映像を管理しているのです。グラフィックボードを交換しようとしてパソコンを開いたのに、「グラフィックボードが見当たらない?」という場合、このオンボードグラフィックである可能性が高いでしょう。この場合、新しいグラフィックボードを取り付けた時点で、そちらに機能が移行します。

購入する前にきちんと調べよう

より快適な映像を楽しむため、グラフィックボードの交換を考える場合、一番のネックはその大きさです。グラフィックボードには製品ごとに厚さや幅、奥行きが違います。一般に、性能が良いものほど大きく、ものによっては排熱用のファンが付属しているものもあります。せっかく高価なものを用意しても、きちんと取り付けられない大きさの製品では、意味がありません。あらかじめスロットの大きさや、パソコン内に収まるボードの幅などを調べておきましょう。

補助電源が必要な場合も

高性能のグラフィックボードは、それだけ多くの電力を使用します。パソコン本体が持っている電源だけでは賄えない場合、補助電源を必要するものも存在します。グラフィックボード用の電源コネクターにはいくつか種類がありますから、あらかじめ使用できるものを用意しておかなければいけません。グラフィックボードに付属していることもありますが、そこも含めてきちんと調べておくべきでしょう。

接続端子の種類は合っているか?

グラフィックボードには、映像をモニターに出力するための端子が付いています。VGAやDVI、あるいはHDMIなどの種類があり、どれが付いているかは製品によって異なるでしょう。出力させたいモニターと繋ぐことができる端子が付いているかどうかも、購入前に調べておくべきです。ここを間違えると、変換用のケーブルなどを追加で手に入れる必要が出てしまうからです。




気になるカテゴリから人気記事をチェック!
[カメラ] [ガジェット] [キッチン] [スマホ] [パソコン] [映像・オーディオ] [生活家電] [美容・健康] [美容家電]