ボロボロのスピーカーでも蘇らせられる?良音がするスピーカーエッジ自作方法!

長年使ってきたスピーカーや、中古で手に入れたスピーカーなど、思い入れや良質のスピーカーを探したり、オーディオユーザーは様々なこだわりを持っていると思います。しかし、いかんせんボロボロでは、完璧な音を再現することは難しいでしょう。そこで、ここではスピーカーのエッジ部分を、自作で修理してしまうそんな方法を紹介します。ぜひ試してみてください。

スピーカーのエッジとは

出典:takemaru123.tripod.com

振動板とフレームを繋げる

スピーカーのエッジとは、音を伝える振動板とフレームを繋げるために存在します。音の伝わりを正確に保持するために、振動板を固定し正しい位置になるようにする、とても大切な部分です。もちろん、振動板の動きを妨げたりすることなく、音についていかなくてはいけません。

音の良さを左右する

また、この他にエッジには振動板の後ろの部分、バックヤード部分の音を遮断する働きもあります。これは、スピーカーが表現するパーフェクトな音を聞くためには、とても重要なことです。このように、エッジと呼ばれる部分は、音を表現するのにとても大事なものになります。

<< 次ページに続く >>


気になるカテゴリから人気記事をチェック!
[カメラ] [ガジェット] [キッチン] [スマホ] [パソコン] [映像・オーディオ] [生活家電] [美容・健康] [美容家電]