知っておくだけでちょっぴりおトク!エアコン節電術

  • LINEで送る

夏の暑い日も、冬の寒い日も、エアコンがあればお部屋を快適な温度に保つことができます。小さなアパートの部屋でも備え付けられていることが多くなったエアコンは、もはや生活に欠かせない家電になっているでしょう。ですが、エアコンには一つ、欠点があります。それは電気代。快適だからといって、稼働させ続けていると、どうしても電気料金が高くなってしまいます。だからこそ、エアコンを快適に利用しつつ、上手に節電する方法を知っておくのは大切です。すぐに実践できるお手軽な節電方法をご紹介しましょう。

意外と知らないエアコンの機能!温度の維持は電力が少ない?

節電をすると言っても、まずは何から心がけるべきなのか……それを知るには、エアコンの仕組みを理解するべきです。冷房や暖房によって、室温を保つことのできるエアコンですが、常に電力がたくさんかかるわけではありません。温度を上げたり下げたりする時間が、最も電力を消費します。逆に、室温を維持するだけなら、さほど電力は使いません。大抵は送風運転を続け、センサーで温度の変化を感じた時だけ、冷房や暖房として運転するからです。つまり、なるべく部屋の温度が変わらないような工夫をすれば、節電に繋がります。

厚手のカーテンを用意する

部屋の温度が変わってしまう大きな原因の一つが窓の存在です。窓を通じて、部屋の中に外の気温が伝わってしまい、寒くなったり暑くなったりします。そのたびにエアコンが室温を維持するための運転をするのでは、当然電力の消費も上がってしまいます。ですから、エアコンを動かす時には、しっかりとカーテンを閉めましょう。できれば、断熱カーテンを利用することで、室温の変化を抑えることをオススメします。また、カーテンは少し長めのものを用意してください。床との間に隙間ができると、せっかくの断熱効果が減ってしまいます。

こまめに運転を切り替えるのは逆効果

ちょっとした買い物などで部屋を開ける時、「もったいないから」とエアコンを止めてから外に出る……これはオススメできません。止めている間に部屋の温度が変わってしまい、帰ってきてからエアコンを動かした時、大量の電力を消費してしまうからです。では、「24時間つけたままがいいのか」というと、これも間違いです。本来エアコンが必要のない時間まで稼働すれば、これも電気の無駄遣いになります。数時間も部屋を空けたり、あるいは外の気温が不快に感じなかったりする時は運転を止めること。そして、30分程度のお出かけではエアコンを稼働させておいたほうがいいでしょう。また、室温が暑かったり寒かったりする場合は、オンオフの切り替えより設定温度を変えて対応するべきです。

↓ 次ページに続く ↓



気になるカテゴリから人気記事をチェック!
[カメラ] [ガジェット] [キッチン] [スマホ] [パソコン] [映像・オーディオ] [生活家電] [美容・健康] [美容家電]  
  • LINEで送る