音表現力の微妙な差も楽しめる!正しいスピーカーのつなぎ方を知ろう

  • LINEで送る

スピーカーのつなぎ方は簡単なように見えて以外と奥深いものです。そんな中音楽を楽しむためには、どのようなことに気をつけてつなげていけばいいのでしょうか。また、つなぎ方を工夫することで音の微妙な変化を楽しんでみてください。

つなぎ方のポイント

スピーカーをつなぐ時、何も考えずただ+と-につなげばいいと考えてはいませんか?単純な作業のように思えますが、スピーカーの配線は音楽というものを左右します。ではどのようにつなげればいいのか紹介していきます。

出典:blogs.c.yimg.jp

+と-を逆に接続する「逆相つなぎ」

スピーカーをつなげる時、1番多い間違いはL・Rを反対にしたり、+・-を間違えることです。L・Rを反対につなげた場合は左右の音が入れ替わるので、聞けばすぐに気付くと思います。しかし、問題なのは+と-の間違いです。

逆相つなぎとは、+と-の接続を間違えてしまい、逆につなげてしまうことです。これは絶対してはいけない基本的なことなので、このようなことが起こらないように注意してください。

出典:img.kakaku.com

逆相つなぎによる音の変化はよくない

逆相つなぎのままで音楽をかけた場合、とても気持ち悪く感じると思います。それは音の位置がバラバラになり、ボヤけているように感じます。また、配置したスピーカーの中央部分で左右の音が打ち消しあう中抜け現象が起き、なんだかよくわからない音楽になってしまいます。

音楽を楽しむ以前の話になってしまうので、つなぎ方を間違えることなく正しく行いましょう。




気になるカテゴリから人気記事をチェック!
[カメラ] [ガジェット] [キッチン] [スマホ] [パソコン] [映像・オーディオ] [生活家電] [美容・健康] [美容家電]  
  • LINEで送る