知らない間に汚れが溜まってる!洗濯機をキレイに保つお手入れ方法

  • LINEで送る

繊維やホコリだけじゃない!洗濯槽に溜まっていく「黒カビ」

洗濯機の汚れと聞いて、一番先の思いつくのは洗濯物の繊維でしょう。また、洗濯をした際に落ちるホコリや洗剤カスも、洗濯機を汚す原因になります。しかし、本当に気をつけるべきなのは、実は「黒カビ」なのです。「え?そんなもの見当たらないよ」と思う人もいるでしょう。問題なのは、その「見えないこと」なのです。洗濯機を汚す黒カビが最も繁殖するのは、洗濯槽の裏側。普通に洗濯機を覗き込んだだけでは、目に映らないところで黒カビは増えているのです。

2ヵ月に1度のお手入れ!漂白剤でカビ予防を

洗濯槽の裏側というのは、自分の手で掃除することはできません。もし実行しようと思うなら、一度洗濯機を分解しなければいけないからです。そうした作業に詳しい人ならいいですが、大抵は洗濯機をバラバラにするのは抵抗を感じるでしょう。ですから、「漂白剤」を利用して、洗濯槽を洗浄することをオススメします。まずは洗濯機の中の目に見える汚れを取り、洗濯槽いっぱいにお湯を満たしていきます。そこに酸素系(また酵素系)か塩素系の漂白剤を入れて、「洗い」運転を2~3時間ほど続けます。そのまま2、3回「洗い」コースを繰り返してから、標準コースで運転させて終了です。こうすることで、洗濯槽の裏側にこびりついている黒カビを分解して、洗い流せるでしょう。また、洗濯機によっては、「防カビコース」のような、専用の運転ができるものもあります。上記の方法を実践する前に、一度説明書を確認してみてください。

使うなら「酸素系」?それとも「塩素系」?

洗濯槽を洗うにあたって、漂白剤を使用すると言いましたが、こちらには大きく分けて2種類が存在しています。それが酸素系漂白剤と塩素系漂白剤です。どちらも同じ漂白剤ではありますが、成分の違いでその効果も異なります。

泡の力で汚れを取る酸素系漂白剤

水に溶けることで強い発砲力を発揮するのが酸素系漂白剤の特徴です。泡立ちの勢いを利用して、こびりついた汚れを剥がしていきます。そのため、洗濯槽のお手入れでは、汚れが目に見えて落ちるのがわかります。また、塩素系と比較すると、薬品としては安全なものになります。取り扱いが怖いという人は、酸素系漂白剤を使ってみるといいでしょう。

洗浄力で選ぶなら塩素系漂白剤

発砲力という物理的な力で汚れを取る酸素系とは違い、塩素系は汚れを分解して落とします。主成分として、強い殺菌作用のあるものを使っているため、目には見えないような雑菌までしっかりと分解してくれます。カビを分解してしまうため、汚れが落ちているのを確認しにくいところはあるでしょう。ただ、洗浄力だけで考えるなら、塩素系漂白剤のほうが上です。ですが、塩素系ということもあり、肌に触れたり目に入ったリしないように、取り扱いには十分に注意してください。

カビ予防のコツは温度と湿度にアリ!

黒カビを洗浄する方法を知るのは大切ですが、できれば繁殖自体をさせたくありません。はっきり言って、カビによる汚れを完全に防ぐのは不可能でしょう。ですが、ちょっと注意することで、汚れを抑えてお手入れの手間をある程度減らすことはできます。そこで気をつけるべきなのは、洗濯機の内部における「温度」と「湿度」。この2つの条件が揃うと、カビの繁殖が進みます。そして、洗濯機はカビにとっての好条件が揃いやすい家電だということを覚えておきましょう。

「乾燥」機能でカビを熱でやっつける!

カビというのは37度以上の温度になると、急に繁殖が抑えられ、さらに温度が上がると死んでしまうものが多いそうです。洗濯機の乾燥機能を利用すれば、内部をカビが苦手とする温度に引き上げ、弱らせることができるでしょう。実際、説明書などで一週間に1回程度、洗濯槽を空にした乾燥運転を推奨しているものもあります。

湿気がこもらないように!洗濯機のフタを空けておこう

カビは締めっぽいところを好みます。洗濯機は水を使用し、フタを閉めると密閉される家電です。すると、高湿度が保たれた状態が続き、結果としてカビが増殖してしまうのです。

↓ 次ページに続く ↓



気になるカテゴリから人気記事をチェック!
[カメラ] [ガジェット] [キッチン] [スマホ] [パソコン] [映像・オーディオ] [生活家電] [美容・健康] [美容家電]  
  • LINEで送る