iPhoneが充電できなくて困る!故障と判断する前に確認するべき5つのポイント

  • LINEで送る

iPhone独特の規格が原因になることも

iPhoneに限らず、充電式の電化製品の場合、接続用のコードとアダプター、そしてコンセントさえあれば電源に困らないのが魅力です。しかし、iPhoneは他のスマートフォンとは違う特殊な規格を持っているところがあります。そのため、他の製品ではなかなか起こらないトラブルが発生することもあるといえます。きちんと知識があれば対処できる問題も少なくありませんから、充電トラブルの原因を押さえておくのは大事でしょう。

充電ポートにホコリが溜まっている

iPhoneの充電ポートにはフタがありません。そのため、常に中が晒されている状態になり、そこにホコリが入り込んでしまいます。その状態で充電プラグを差し込むと、中のホコリが奥に溜まっていくのです。1度や2度なら、大した量ではありませんし、問題は起こらないでしょう。ですが、それが何十、何百と繰り返されているうちに、ホコリの塊になっていくのです。すると、充電ケーブルがきちんと刺さらず、充電が始まらないというトラブルが起こるのです。この場合、針などの細いもので、奥のホコリを除去すれば充電ができるようになります。ただし、充電ポートの掃除を自分で行うのは危険です。感電してしまう可能性がありますから、実際の作業を自分の手で行うのは避けましょう。できれば、電気屋さんなどにお願いするべきです。

ケーブルが破損している可能性も!また規格違いも確認しよう

これはiPhoneだけの話ではありませんが、充電用のケーブルが断線していれば、充電できないのは当然です。簡単には切れないように作られているケーブルではありますが、長年使っていたり、片づけ方が悪かったりすると、どうしても弱ってしまいます。ケーブルを確認して、一部が完全に折れ曲がっていたり、柔らかくなっていたりしたなら、ケーブルの断線を疑ってみましょう。この場合、新しいケーブルに買い替えるだけで、充電ができるようになるでしょう。また、ケーブルに関しては、その規格にも注意しましょう。Appleの正規品以外にも、充電ができるケーブルは販売されています。ですが、「MFi認証」という、Apple社が認めている規格でないと、きちんと充電できない場合があります。ついさっきまで充電できていたのに、iOSをアップデートした途端、ケーブルを認識しなくなった場合、この規格違いが原因であることが多いようです。

完全放電状態では充電開始に時間がかかる

バッテリー切れが起こってから、長時間が経過すると、バッテリーの中身が完全に空っぽになってしまいます。この状態を「完全放電」と呼び、iPhoneの場合はあらゆる反応をしなくなります。たとえば、バッテリー切れで電源が落ちたあと、すぐに電源ボタンを押すと、充電を促すマークが画面に映ります。完全放電に至ると、この表示さえもなくなります。そのため、充電が正常に行われていても、全く反応がないのです。電源ボタンを押して、画面が真っ暗なままの状態であれば、「完全放電」になっている可能性があるといえるでしょう。その場合、充電されているという反応がなくても、きちんとバッテリーに電気が蓄えられているのです。しばらく置いておけば、通常の充電が始まるかもしれませんので、様子を見てみましょう。

iPhoneの一時的な不具合の可能性もアリ

ケーブルを認識しないといった現象は、故障ではなく一時的な不具合で起こる可能性があります。iPhoneも家電製品ですから、長い間電源が付いた状態が維持されると、パソコンなどと同様に、動作が不安定になってしまうのです。この場合は、一度電源を切ってから、再起動をかけると状況が改善する場合があります。これは充電トラブル以外にも、iPhoneの挙動がちょっとおかしくなった時なども利用できますから、覚えておくといいでしょう。

どうしても原因がわからないなら、修理屋さんに相談する

上記の対処を行っても、まだ充電ができないままなら、本当にiPhone本体の故障である可能性があります。その場合はiPhoneの修理に対応してくれるお店を探してみましょう。以前はAppleストア以外では対応してもらえなかった時期もありましたが、今ではApple公認の修理屋さんも増えてきています。まずはそちらに詳しい状況を伝え、点検をしてもらうべきです。修理にしても買い替えにしても、まずは現状を確認するのが大事でしょう。常に持ち歩く端末だからこそ、いざという時に相談できる場所がどこにあるのか、あらかじめ調べておくのも重要です。




気になるカテゴリから人気記事をチェック!
[カメラ] [ガジェット] [キッチン] [スマホ] [パソコン] [映像・オーディオ] [生活家電] [美容・健康] [美容家電]  
  • LINEで送る