冷房の冷えによる足のむくみにはレッグリフレ EW-RA96が効く!

  • LINEで送る
       

梅雨が明ければ夏本番。なんとなく身体が重だるくありませんか? その重だるさ、もしかしたら身体のむくみかもしれまんよ。この暑さの中で汗をかけば、身体のむくみなんて自然に解消されるでしょう……なんて思いがちですが、外は暑くても室内はエアコンで冷えているため、むくみは解消されないのです。むくみで一番気になるのは脚。今回はそんな夏むくみを、15分程度で手軽に解消できる方法をお話しましょう。

脚を重だるくする「むくみ」の正体

むくみは「浮腫」と書きますが、身体の状態としては、夕方になるとはいていた靴がきつくなったり、手足がパンパンに張って重くなったり、顔やまぶた腫れぼったくなったりします。むくみの原因は、身体のリンパ液が上手く排出されずに、皮膚組織に溜まった状態になることなのです。

もっと詳しくお話しますと、リンパ液が流れるリンパ管とは、血管と同様、全身に網の目のよう張り巡らされています。血液が全身に栄養や酸素を運ぶ役割を果たしているのに対し、リンパ液は身体の老廃物を運んでくれる下水の役割を果たしています。そのリンパ液は、汗や尿となって身体から排出されます。むくみとはその排泄が上手くいかず、身体に余分な老廃物を溜め込んでしまっている状態のことなのです。

そんな主なむくみの原因は、運動不足、睡眠不足、偏った食生活、ストレス、長時間同じ姿勢でいる(立ち仕事、デスクワークなど)です。

他に、病気や投薬治療によるむくみもありますが、今回は上記の理由のむくみを改善する方法をお教えします。

むくみを改善する方法

むくみを改善するには、全身を有効的に動かしたり、お風呂に入って身体を温めて、全身をマッサージすることです。血液は心臓がポンプとなって全身を流れることができますが、リンパ管にはそのポンプがありません。特に脚がむくんで感じるのは、下半身に流れるリンパは、押し上げるポンプがないため、下半身、脚に溜まりがちになってしまうからです。そこで運動、特に膝の屈伸運動をすることで、膝のリンパ節を刺激し、筋肉が伸縮してリンパを流せます。ふくらはぎは第2の心臓と言われるほど、リンパ液の循環に活躍してくれる部分です。そして、お風呂で身体を温めることで全身の循環が良くなり、脚を中心にマッサージをすることで、リンパ液の流れをよくすることができます。



気になるカテゴリから人気記事をチェック!
[カメラ] [ガジェット] [キッチン] [スマホ] [パソコン] [映像・オーディオ] [生活家電] [美容・健康] [美容家電]