ついに未来がやってきた!?「しゃべる家電」があなたの生活を変えるかも

  • LINEで送る
       

家電の進歩は凄まじいものがあります。性能の向上は、快適な生活を与えてくれますし、いろいろと欲しいものが増えて困ってしまうことも。そんな中でも、最近注目なのは、「しゃべる家電」です。しゃべると言っても、単に言葉を発するだけではありません。大事な情報を知らせてくれたり、自ら節約を考えてくれたりするものまであります。まるでSF小説の中に出てくるような、夢の家電が次々に現れているのです

しゃべる家電は今後どんどん増えていく?

しゃべる家電は、家電メーカー各社が販売しています。おかげで、いろいろな種類の家電がしゃべるようになっているのです。基本的には、何かしらの情報を伝えるものが多いですが、中には使用者の声を認識する機能を持つものもあるほどです。スマートフォンなどには、音声認識や音声入力機能が備わっているものもあります。今後、家電でも声1つで何でも簡単に動かせるようになるかもしれません。そんな便利な世の中の先駆けになるような、「しゃべる家電」をご紹介しましょう。

テレビでも話題の「しゃべるロボット掃除機」COCOROBO

今ではロボット掃除機も、随分と知名度が上がりました。家電量販店でも、普通に販売していますし、実際に使われている人も多いでしょう。そんなロボット掃除機の中に、おしゃべりができるものが現れたのです。シャープのCOCOROBOは、ただ音声を出すだけではありません。なんと、こちらの声に反応して、作動したり返事をしてくれたりするのです。「キレイにして」の一言で、お掃除を開始してくれるというのですから驚きです。掃除に関わる話だけではなく、挨拶もできますし、時間まで教えてくれます。もちろん、前回の掃除がいつだったのか、ゴミを捨てるタイミングなども自分から申告してくれます。さらに面白いのは、なぜか関西弁まで話せるという点です。現在は「標準語」と「関西弁」だけですが、今後はもっとたくさんの方言に対応してくれるかもしれませんね。さらに、SDカードを用意すれば、おしゃべりの声を家族のものに変えることもできますから、これまで以上にロボット掃除機に愛着が湧いてしまいそうです。

 

1日の電気代まで声で教えてくれる富士通のエアコン「ノクリア」

エアコンというのは案外電気代がかかります。ですが夏でも冬でも、室温調節には欠かせない家電であり、どうしても使用する機会は多いものです。ノクリアは、その日に使用した電力量から、電気代を音声で知らせてくれます。これで、エアコンの使いすぎを避けることができるでしょう。また、部屋の状況に合わせた節電のアドバイスも音声でしてくれるのです。部屋の中に人がいるのかどうかで運転を変更する「人感センサー」や、「フィルター自動おそうじ」など、基本的な機能も充実しています。さらに、ノクリアは自分で部屋の環境などを感知して、最適な運転を選んでくれる優れものです。ですから、一年中電源を入れておいても、無駄なく快適な室温に調整してくれます。自動で運転モードを変えるので、お子さんだけでお留守番している時でも安心です。

 

シリーズ全機種にしゃべる機能が搭載されている三菱電機のテレビ「REAL」

家電の中でも、特に操作が面倒だったり複雑だったりするのがテレビです。HDDを搭載したものでは、録画や録画予約までできますが、その方法がわからないという人もいるかもしれません。ですが、三菱電機のREALシリーズは、音声ガイドが丁寧に説明してくれるので安心です。初期設定、番組表、操作メニューなども音声で知らせてくれますから、簡単に操作することができます。また、REALには、少し変わって機能が備わっているのです。それが「消画モード」というもの。画面は消えていても、音だけは流れてくるという機能があるのです。たとえば、家事をしながら音楽番組を見たりする場合、画面自体は見えない時もあるでしょう。そういう場合に消画モードを使えば、番組を楽しみながら節電ができるわけです。なかなかユニークな機能ですね。

「しゃべる家電」は「話せる家電」になるのか?

今のところ、しゃべる家電のほとんどが、家電が自身の昨日について伝えてくるものが



気になるカテゴリから人気記事をチェック!
[カメラ] [ガジェット] [キッチン] [スマホ] [パソコン] [映像・オーディオ] [生活家電] [美容・健康] [美容家電]  
  • LINEで送る