スマホのカメラでキレイな写真を撮りたい!画質設定の方法について

スマホのカメラ機能は、日々向上しています。数千万画素のものもあって、数字だけを聞いているならデジカメと同じもしくはデジカメ以上の写真が期待されます。ですが、いざ写真を印刷して見ると、画像が粗かったりぼやけていたりしてがっかりすることってありませんか。印刷してもキレイなレベルで写真を撮るための画質設定方法について説明いたします。

姿勢と基本設定について

スマホで画質設定をしても、写真を撮るときの姿勢と基本設定に問題がある場合はきれいな写真を撮ることができません。

腕は伸ばさない!脇をしめて撮る!

いきなりカメラを取り出し、感情が赴くままにシャッターを押してもキレイな写真は撮れません。どんなに著名な写真家でも、入念に構図を狙って細心の注意を払ってからシャッターを押しているのです。

腕は伸ばさず、脇をしっかりしめて、カメラがぶれないように固定してから被写体を捉えましょう。手ぶれをしないで写真を撮るだけでも、デジカメレベルに近づきます。

出典:ec-club.panasonic.jp

手ぶれ補正はOFFに

手ぶれ補正がONになっていると、写真を撮りたい瞬間にシャッターを切ることができません。脇をしっかりしめて、腕を台の上に固定するなどの工夫をすることで手ぶれは防止できますので、スマホ機能での手ぶれ補正はOFFにしておくようにしましょう。

また、デジカメはシャッターを押した瞬間の画像が記録されますが、スマホはシャッターボタンを離した瞬間の画像が記録されます(機種によって異なることがあるので、取扱説明書を参考にして下さい)。最高の瞬間を切り取ることができるよう、シャッターのタイミングを研究して見ましょう。

選べる場合はタップ撮影がおすすめ

スマホによってはシャッターボタンがある場合もあります。その場合、シャッターボタンで撮影するのか画面タップで撮影するのかを選択しておきましょう。微妙な瞬間をとらえたい場合は、感度が高く反応が素早いことが多い画像タップがおすすめです。




気になるカテゴリから人気記事をチェック!
[カメラ] [ガジェット] [キッチン] [スマホ] [パソコン] [映像・オーディオ] [生活家電] [美容・健康] [美容家電]