おしゃれなものから高性能なものまで!おすすめの空気清浄機10選

  • LINEで送る
       

空気清浄機と一口に言っても、おしゃれなデザインの物から、最新機能を搭載したハイテクなものまで、最近ではいろいろなタイプの空気清浄機が販売されています。

家電に詳しい方なら問題ないのですが、あまり詳しくない方だと正直どれを選べば良いのか迷ってしまいますよね。

 

そこで今回は、人気のおすすめ空気清浄機を厳選して10点紹介します。どれもお部屋の空気をしっかりときれいにできる良いものばかりなので、気になる方は最後までチェックしてみて下さい。

 

ちなみに、空気清浄機選び初心者の方向けに、選び方やポイントも分かりやすく解説するので、選ぶのに自信がない方はぜひ参考にしてみて下さいね!

 

空気清浄機の選び方

ポイント1 : 空気清浄機の種類をチェック

空気清浄機は大きく分けると「ファン式」「電気式」「併用型(ファン+電気式)」の3種類があります。タイプごとにそれぞれ特徴が大きく異なってくるので、空気清浄機を選ぶ際には注意してみて下さい。

 

選び方の目安として、リビングなどの広い部屋で使うならファン式がおすすめ。

ファン式は強力なモーターでファンを回して空気を吸い込むため、広い部屋でもあっという間に空気をきれいにできます。さらに、花粉やハウスダストなどアレル物質の除去にも非常に効果的なので、花粉症やアレルギー性鼻炎の方にもおすすめです。

 

ただし、集じんパワーを上げるとファンの音がうるさくなるため、騒音が気になる方にはあまり向いていません。また、定期的にフィルターのお手入れや交換が必要と言ったデメリットもあります。

 

一方で電気式は、電気のプラスとマイナスのパワーを利用してホコリやチリを集じんするため、ファン式と比べても動作音が非常に小さくなっています。ほとんど音がしないため、寝室や子供部屋などで使うのにおすすめ。また、トイレ用や車載用など商品の種類が充実しているのも電気式ならではの魅力。

 

ただし、集じん力はファン式よりも劣ってしまうため、リビングなどの広い部屋で使うのには向いていません。また、内部構造が複雑になっているので、他のタイプと比べても壊れやすいと言ったデメリットがあります。

 

なお、価格は少し高くなりますが、ファン式と電気式の良いところを掛け合わせた「併用型」もあるので、強力な集じん力・脱臭性能を備えた空気清浄機が欲しい方は、こちらも合わせてチェックしてみて下さい。

 

ポイント2 : 使う部屋の広さで選ぶ

空気清浄機は製品ごとに集じん能力や脱臭能力が大きく違ってきます。

そのため、空気清浄機を選ぶ際にはそれらの性能を表す「適用床面積」というワードをしっかりとチェックしてみて下さい。

 

選び方の目安としては、使う部屋の「約2-3倍」の適用床面積に対応した製品を選ぶと、短時間で効率よく部屋の空気をきれいにすることができます。ただし、部屋の間取りによっては適用床面積が広い空気清浄機を1台設置するよりも、適用床面積が小さな空気清浄機を2台設置した方が効率が良くなることもあるので、最終的には部屋の広さだけでなく間取りも考慮しながら決めてみて下さいね。

 

ポイント3 : オプション機能で選ぶ

同じような機能やデザインでどの空気清浄機にするか迷ったら、便利な機能や装備で選ぶのも良いでしょう。

例えば、水分を空気中に放出して部屋の湿度を上げる「加湿機能」や、専用アプリから室内の空気状態を確認できる「スマホ連携機能」、面倒なフィルターのお手入れ不要で使える「自動お掃除機能」など、最近ではメーカーごとにいろいろなタイプの空気清浄機があるので、選ぶ際にはこれらのオプション機能もしっかりとチェックしてみて下さい。

 



気になるカテゴリから人気記事をチェック!
[カメラ] [ガジェット] [キッチン] [スマホ] [パソコン] [映像・オーディオ] [生活家電] [美容・健康] [美容家電]