迫力のある映像が楽しめる!人気のおすすめプロジェクター特集

  • LINEで送る
       

映画やゲームを迫力のある映像で楽しみたいなら、テレビよりも画面の大きなプロジェクターがおすすめ。少し前までは非常に高価だったプロジェクターですが、今ではだいぶ価格が下がり誰でも手軽に楽しめるようになりました。

 

そこで今回は、迫力のある映像が楽しめる人気のおすすめプロジェクターを特集します。きれいな映像が楽しめる最新の4Kに対応したものや、どこでも気軽に使える手のひらサイズのコンパクトなものまで、いろいろなタイプ製品を紹介するので、プロジェクターに興味のある方はこの機会にぜひチェックしてみて下さい。

 

ちなみに、プロジェクターを選ぶ際の注意点やポイントも分かりやすく解説するので、プロジェクター選び初心者の方は参考にしてみて下さいね!

 

プロジェクターの選び方

ポイント1 : プロジェクターの種類を選ぶ

プロジェクターは大きく分けると「ベーシックタイプ」「短焦点タイプ」「モバイルタイプ」の3種類に分けることができます。

使う用途や環境によってそれぞれチェックする製品が異なってくるので、プロジェクターを選ぶ際にはまず初めにどのタイプが自分に合っているのかを選んでみて下さい。

 

選び方の目安として、コストパフォーマンスで選ぶなら価格の安いベーシックタイプがおすすめ。この3種類の中では価格が最も安く、中には1万円以下で買えるような製品もあるため、手軽にプロジェクターを楽しんでみたい方におすすめです。

ただし、解像度が低かったり、反応速度が遅かったりとスペック的にはそれほど高くないため、画質や機能性を重視する方にはあまり向いていません。また、投写にある程度の投射距離が必要になるので、部屋が狭いとスクリーンサイズが小さくなってしまうと言った弱点もあります。

 

一方で短焦点タイプは、従来のプロジェクターよりも投射距離が短いため、狭い部屋でも気軽に大画面映像が楽しめます。また、全体的に性能が高めなので、画質や機能性を重視する方にもおすすめです。

ただし、価格が高く安いものでも10万円前後はするため、コストパフォーマンスを重視する方にはあまり向いていません。

 

なお、どこでも気軽にプロジェクターを楽しみたいなら、軽量コンパクトなモバイルタイプがおすすめ。他のプロジェクターと比べてもサイズが小さく携帯性に優れているため、室内はもちろん外出先でも快適に使えます。また、中にはバッテリーを搭載している製品もあるので、コンセントのない場所で使うこと可能。

ただし、他のプロジェクターよりも最大輝度(スクリーン明るさ)が低いため、明るい場所だと映像が見にくいと言ったデメリットもあります。

 

このように、それぞれのタイプによって特徴が大きく異なってくるので、プロジェクターを選ぶ際には使うシチュエーションに合ったものを選ぶようにしましょう。

 

ポイント2 : パネルの種類をチェック

プロジェクターのパネルには「液晶パネル」「DLPパネル」「LCOSパネル」の3種類があります。どんなパネルを選ぶのかによって、そのプロジェクターの性能が大きく左右されるため、パネルの種類もしっかりとチェックしてみて下さい。

 

選び方の目安として、コストパフォーマンスを重視するならスタンダードな液晶パネルがおすすめ。構造がシンプルで価格が安いため、明るい映像を普通に楽しめれば良いという方にピッタリのパネルです。

ただし、画質や解像度は若干低めなので、きれいな映像を楽しみたい方にはあまり向いていません。

 

一方でDLPパネルは、液晶パネルと比べると少し価格は高くなりますが、その分コントラストが高く色鮮やかな映像が楽しめるため、映画やゲームをきれいな映像で楽しみたい方におすすめ。また、他のパネルと比べても経年劣化が少ないので、耐久性で選びたい方にもおすすめです。

 

ちなみに、とことん画質にこだわりたい方には高性能なLCOSパネルがおすすめ。

特殊な反射型パネルを採用することで、この3種類の中ではトップクラスの解像度・コントラストを実現しています。

ただし、LCOSパネルはその構造が非常に複雑で価格もかなり高めなので、コストパフォーマンスを重視する方には向いていません。また、サイズが大きく重量もそれなりにあるため、設置にある程度のスペースが必要と言ったデメリットもあります。



気になるカテゴリから人気記事をチェック!
[カメラ] [ガジェット] [キッチン] [スマホ] [パソコン] [映像・オーディオ] [生活家電] [美容・健康] [美容家電]