一眼レフにグリップベルトを装着してカメラをがっちりホールド!

一眼レフカメラを購入した際のオプション付属品として同梱されているカメラストラップをみなさんは使っていますか。外国人から見た、ひと昔の前の日本人観光客といえば一眼レフを首から下げているというイメージがありましたが、最近はあまり見かけなくなりました。カメラストラップを使って首から一眼レフを下げずとも、グリップベルトを使えばカメラを落とさずに安全に撮影をおこなうことができますし、撮影時にしっかりとグリップできるのでオススメです。

グリップベルトとは

出典:blogs.c.yimg.jp

一眼レフカメラには、付属のストラップを取り付けられるようにボディの右側にストラップホールが付属しています。そこに上図のようにグリップベルトを装着しますが、使用するにあたってのメリットはこちら。

撮影時にしっかりとグリップできる

右手片手でグリップすることができ、撮影時の手ブレ防止にもなります。

撮影時、移動時の落下防止

不意に手が滑ったり、通行人や障害物などにカメラをぶつけて起こる落下事故を防ぎます。

移動時に体にぶつからない

ネックストラップでカメラを首から下げていると、歩くたびにカメラが揺れて、体にぶつかってしまった経験はないでしょうか。グリップベルトを付けてカメラを持ち歩けば、そのようなわずらわしさを感じることはありません。

<< 次ページに続く >>
気になるカテゴリから人気記事をチェック!
[カメラ] [ガジェット] [キッチン] [スマホ] [パソコン] [映像・オーディオ] [生活家電] [美容・健康] [美容家電]