人気のLED美顔器!ブルーライトの目への影響を考慮した美顔器2選

LED美顔器は、”LEDライト”を肌に当てエイジングケアやスキンケアの効果を発揮する美顔器です。継続して使うことで、「お肌にハリが出てくる」などとても人気の美顔器です。しかし、目の近くで”LEDライト”使用するので目に対して悪影響は無いのか、とても気になります。led美顔器の赤と青のライトの事について調べてみました。

なぜLEDライトでフェイスケアが出来るのか

出典:ujita.co.jp

温熱効果で細胞を活性化

LED美顔器は、”LEDライト”(発光ダイオード)を温熱効果で細胞を活性化させ、肌のコラーゲン量を増やすことができます。そうすれる事で肌にハリが出ます。

赤色LEDライトは肌と相性が良く、コラーゲンを再生させターンオーバーを整える効果があります。赤色LEDは、成長のための特殊な光でもあり、野菜の育成促進にも使われています。赤色LEDで肌のコラーゲンが再生されると肌のハリが出てきます。毛穴の周りにもハリがでて、結果的には毛穴も縮んできます。

ニキビケアにはブルーライト

青色LEDライトには、殺菌効果があるのでニキビケアに使われています。このブルーライトは、目や身体の為には悪影響だと言われています。




気になるカテゴリから人気記事をチェック!
[カメラ] [ガジェット] [キッチン] [スマホ] [パソコン] [映像・オーディオ] [生活家電] [美容・健康] [美容家電]