味のある写真を撮りたいなら銀塩一眼レフカメラを使ってみよう!

写真と言えば、デジタルカメラで撮影するのが主流ですよね。そこで銀塩一眼レフカメラと聞いてもピンと来ない方が大半でしょう。しかし、未だに一部のファンの間で根強い人気を誇っている銀塩一眼レフカメラ。一体どんなカメラなのでしょうか?デジタル一眼レフカメラと何が違うのか、どういう特徴があるのか、詳しくまとめてみました。

銀塩カメラとは?

出典:www.xylocopal.com

そもそも、銀塩カメラとは何のことを指すのでしょうか?銀塩とは、フィルムの材料に使われている銀のことです。主に塩化銀、臭化銀、ヨウ化銀などのことを指し、これらが科学変化して写真となります。フィルムを現像液に入れ、写真にするこの作業を「現像」と呼びます。

つまり、銀塩カメラとはフィルムを使って撮影する従来のカメラのことを指します。近年主流のデジタルカメラと混同を避けるために銀塩カメラと呼ばれています。もちろん、銀塩カメラにもレンズ交換式の一眼レフモデルが存在しています。




気になるカテゴリから人気記事をチェック!
[カメラ] [ガジェット] [キッチン] [スマホ] [パソコン] [映像・オーディオ] [生活家電] [美容・健康] [美容家電]