一眼レフで望遠撮影!200mmと300mmの違いと高倍率のメリット・デメリット

  • LINEで送る

一眼レフと言えば、レンズを交換できるのが最大の特徴です。シーン別や撮影したいものに応じてレンズを交換できるので、コンパクトデジカメとは全く違う画が撮れます。しかし、そこで悩むのがどのレンズを使うのかということ。一眼レフに詳しくないと、200mmレンズと聞いてもいまいちピンときません。そこで今回は、200mmレンズとはどんなもので、どんなシーンに向いているのかを詳しく解説していきます。知れば知るほど便利な200mmレンズについてまとめてみました!

200mmは望遠レンズと呼ばれる

出典:art3.photozou.jp

200mmレンズというのは、一般的に望遠レンズと呼ばれます。一眼レフにおいて、人間の目で見た範囲に一番近いのは70mmと言われています。それに対して、200mmレンズはおよそ3倍の倍率となります。つまり、それだけ遠くのものが大きく撮影できるということです。

↓ 次ページに続く ↓



気になるカテゴリから人気記事をチェック!
[カメラ] [ガジェット] [キッチン] [スマホ] [パソコン] [映像・オーディオ] [生活家電] [美容・健康] [美容家電]