イヤホンに最適なbitレートとは?音質重視と容量重視でどう違う?

  • LINEで送る

イヤホンで音楽を聴く機会が多い人は、なるべくなら高音質で聴きたいと考えるのが普通ですよね。そしてそのためには、音楽ファイルの保存型式にもこだわる必要があります。中でも音質に直接関わってくるのがbitレートです。本ページではbitレートの説明と共に、イヤホン視聴に最適なbitレートを探ってみたいと思います。

ビットレートって何?

出典:phocase.jp

ビットレートは英語で「bit rate」と書きます。

bitとはコンピュータが扱うデータの最小単位のことで、rate=割合です。

つまりビットレートとは、一定時間あたりの情報量のことを意味します。

音楽ファイルにおけるビットレートとは?

ビットレートという言葉を音楽ファイルに対して使う場合、基本的には「kbps」という単位を用いて表します。(kbps=kiro bit per second)

これは、その音楽ファイルが1秒間あたりにどれくらいのデータ量を保持しているかを示します。

mp3音楽ファイルなどで128kbpsや192kbpsなどの表記を見かけたことがあると思いますが、例えば128kbpsならば1秒間あたり128Kbit(キロビット)の情報量を持った音楽ファイルだということです。

データ量は多ければ多いほど原音に近くなり、高音質になります。

つまりkbpsの数値が高ければ高いほど、その音楽ファイルは高音質だと言えるわけですね。




気になるカテゴリから人気記事をチェック!
[カメラ] [ガジェット] [キッチン] [スマホ] [パソコン] [映像・オーディオ] [生活家電] [美容・健康] [美容家電]  
  • LINEで送る