8号炊飯器は大家族におすすめ!一升炊きでもおいしく炊ける炊飯器3選

  • LINEで送る

炊飯器は対応している号数によって、一度に炊くことができるご飯の量が決まっています。 ひとり暮らしの人であれば3.5号炊きの3号、ごく一般的なサイズが5.5号です。 そして、一升もの大容量のご飯を一度に炊き上げることができるのが8号サイズの炊飯器です。 一般的な5.5号のものよりも、需要が少ないためどうしても種類の数は少なくなりますが、育ち盛りの子供がたくさんいる家庭や、三世代で暮らしているような大家族には欠かせないサイズの炊飯器です。

8号炊きの炊飯器はどんな家庭におすすめ?

出典:

一日に4号以上消費する大家族

炊飯器の8号炊きは、いわゆる「一升」の量を炊き上げることができる大容量サイズです。8号炊きでお茶碗約16杯分、一升炊きをするとお茶碗約20杯分ものご飯を炊くことができます。そのため、1回に4号以上のお米を炊く大家族の家庭におすすめです。

一般的な大きさである5.5号炊きの場合、推奨されているのは4人家族程度の家庭ですが、子供が育ち盛りの場合は3号程度の量ではご飯が足りなくなる場合があります。

また、無理に炊飯器の限界の量まで炊き上げるよりは、少々ゆとりを持った号数の方が、ご飯をふっくらと炊き上げることができるので、一日に4号以上消費する家庭は8号炊きの炊飯器の方が、何かと使い勝手がいいです。

出典:kw-note.com

家族人数に見合ったサイズを選ぼう

一度にたくさん量が炊ける炊飯器の方がお得なような気がしますが、家族の人数があまり多くなく、一度に炊くご飯の量が3号以下と少ない場合はそれに見合ったサイズを選びましょう。8号よりもはるかに少ない分量でご飯を炊いてしまうと、味が落ちる原因となります。

特に保温時間が長いと、どんどん水分が抜けていって味が落ちたり、ご飯が黄色っぽく変色したりしやすくなります。なので、一度に大量にご飯を炊いても消費できるような家庭の場合、大容量の8号炊きがおすすめです。

↓ 次ページに続く ↓



気になるカテゴリから人気記事をチェック!
[カメラ] [ガジェット] [キッチン] [スマホ] [パソコン] [映像・オーディオ] [生活家電] [美容・健康] [美容家電]  
  • LINEで送る